ポラス社員のレッズ応援ブログ ポラス社員が綴る、愛するレッズの応援記録

こんにちは!RED POLUS STARのせっきーです!
すでにクラブは来シーズンに向けて、着々と動いているようですが
まだシーズンは終わっていません!
そうです、レッズレディースの皇后杯です!

順当に勝ち上がり準決勝で対するはINAC神戸です。
今シーズン4連敗中と最も苦手で相性の悪い相手でした。

前半早々に失点をし、またか…という展開が頭をよぎりましたが、
ここからレッズレディースは真骨頂を発揮しました!
すぐさま攻勢を掛けると菅澤選手のヘディングで同点に。
後半立ち上がりにも失点しますが、
その6分後には清家選手のヘディングで再び同点に!!
そして77分、CKから南選手のヘディングでとうとう逆転!!!
そのまま3-2の逆転勝利でINAC神戸へのリベンジを果たし決勝進出を決めました。

12.29 決勝の相手は2年連続の三冠に王手をかける日テレ・ベレーザです。
勢いをそのままに2020年まで突っ走れ!

We are REDS!

*——————————— ポ ラ ス か ら の お 知 ら せ ———————————

>>ポラスで住宅を購入・施工・売買仲介・リフォーム・賃貸されたお客様から『生の声』が届きました<<


レッズサポーターの
お客様インタビューを掲載中!


こんにちは。RED POLUS STARのせっきーです!
J1最終節、ガンバ大阪との試合は2-3で敗戦。
負けることに慣れすぎて「2ヶ月ぶりの複数得点だ!」
と少しでも良いところを探そうとしてしまうのが悲しいです。

振り返れば今シーズンはとても厳しい戦いでした。
オリヴェイラ体制では内容が悪いなりにも勝点を積み重ねていましたが、
ACLとリーグの二冠を目指すには力不足と判断し、監督を解任。
大槻監督にその目標が託されました。
しかし、その結果は…。ACLこそ準優勝と健闘したものの、
リーグ・14位、ルヴァン杯・プライムステージ敗退、天皇杯・4回戦敗退と惨憺たる成績でした。

来期はスポーツダイレクター(SD)に土田さん、
テクニカルダイレクター(TD)には西野さんが就任、そして大槻監督が引き続き指揮を執ります。
これから先は、這い上がるのみ。
やれることは全て手を尽くして2020シーズンの開幕を迎えてほしいと思います…

≪番外編≫
さて、毎年恒例となっております観戦成績の発表です。
観戦:32試合(公式戦54試合中)
勝敗:10勝16敗6分
得点:36
失点:45     (せっきー調べ)

観戦試合での得点ランキングは、
1位…興梠選手(10得点)
2位…ファブリシオ選手(5得点)
3位…長澤選手、橋岡選手(3得点)
今年も興梠選手の存在の大きさが骨身にしみたシーズンとなりました。
来期は興梠選手が9年連続2桁得点、
そして得点王を狙えるようなチーム作りを期待します!

最後に、レッズレディースは皇后杯のベスト4に駒を進めました。
この後は、NACK5スタジアムでの準決勝・決勝となります!
レッズランドが水没したために負担を強いられているレディースですが、
その逆境を跳ね除けての準決勝進出です!皆で応援しましょう!

We are REDS!

*——————————— ポ ラ ス か ら の お 知 ら せ ———————————

>>ポラスで住宅を購入・施工・売買仲介・リフォーム・賃貸されたお客様から『生の声』が届きました<<


レッズサポーターの
お客様インタビューを掲載中!


PAGE TOP