ポラス社員のレッズ応援ブログ ポラス社員が綴る、愛するレッズの応援記録

RED POLUS STARのせっきーです。

2019.11.24 3度目のアジア制覇をアルヒラルに阻まれました。
優勝できなかった悔しさ以上に、意地もプライドも見せられなかったことを、
試合終了と同時に目の前に突き付けられた気がします。

74分、アウェイゴールを許した時点で2点差の勝利が優勝への条件となりました。
それは試合前から分かっていたことです。
先制点を奪われ万事休す、
選手もサポーターもそのような雰囲気になってしまったのは反省しかありません。
恐らく「まずは無失点」というタスクを優先していたため、いざ失点を許したときに、
明確に「3点を奪う」という修正が上手くできなかったのだと思います。

常にワーストケースを想定しながら、勝利を目指して闘ってほしかった、
そう強く感じました。

次は優勝争いをしているFC東京との対戦です。
前節、初優勝のプレッシャーから湘南ベルマーレ戦を取りこぼしているので、
相性の良さも追い風にして、付け入る隙は十分にあります。
残留を確定させるために勝利を!

優勝を逃した悔しさに付き合ってもらいましょう!
人生ひとりではない。We are REDS!

*——————————— ポ ラ ス か ら の お 知 ら せ ———————————

>>ポラスで住宅を購入・施工・売買仲介・リフォーム・賃貸されたお客様から『生の声』が届きました<<


レッズサポーターの
お客様インタビューを掲載中!


こんにちは!RED POLUS STARのせっきーです!

いよいよこの日、AFC CHAMPIONS LEAGUE 2019 FINAL 1st leg を迎えました。
対戦相手は前回2017と同じくアルヒラルとの顔合わせとなりました。
累積警告で出場停止となったGK西川選手に代わり、
福島選手にこの大一番のゴールマウスを託すことになりました。

試合はその福島選手の活躍でゴールに鍵をかけます!
観客の約98%がアルヒラルサポーターという異様な雰囲気の中、その強心臓ぶりを発揮!
再三にわたってチームのピンチを救いました。
アルヒラルはチャンスをものにできず、フラストレーションが溜まりストレスを募らせていきます。
前半を終えて0-0、レッズがなんとか守りのペースを作り、ギリギリのところで踏ん張っていました。
後半も引き続き粘ってほしいと期待していました…

しかし60分、左サイドを破られセンタリングを上げられると誰も触れず、
ヘディングシュートを無人のゴールに決められ、先制点を献上します。
その後も、防戦一方の試合展開が続きますが、87分に相手FWジョビンコがベンチに下がると
攻撃の強度も下がり、そのまま試合は終了。前半戦の90分は0-1で完敗しました。
これ以上の失点は避けたいレッズと、
アウェイゴールを許したくないアルヒラルの思惑が一致したような雰囲気でした。

決勝は2戦合計180分で勝負を決します。
レッズとしてはアウェイゴールを奪いたかったものの、
最少失点で終えられたことは、次につながる試合の終わり方だったと思います。
とどめを刺せなかったことをアルヒラルに後悔させてあげましょう!

次は我々のホーム、埼玉スタジアムです!
点を取らなければ、このまま敗退します。やることは、より明確になりました。

12日間で4試合の過密日程が終了し、2週間のインターバルに入ります。
万全の状態で11/24運命の時を迎えましょう!それは我々サポーターも同じです。

前人未踏の3回目のアジア制覇に向けて…We are REDS!

*——————————— ポ ラ ス か ら の お 知 ら せ ———————————

>>ポラスで住宅を購入・施工・売買仲介・リフォーム・賃貸されたお客様から『生の声』が届きました<<


レッズサポーターの
お客様インタビューを掲載中!


PAGE TOP