ポラス社員のレッズ応援ブログ ポラス社員が綴る、愛するレッズの応援記録

こんにちは!RED POLUS STARのせっきーです。
コロナ禍で長く中断していたJリーグも無事、最終節を迎えることができ2020シーズンが終了いたしました。

「北サイドスタンド53列160番」
これは今までRPSフラッグを振っていた座席です。
コロナ対策でゴール裏の指定席化によって、
今まで当たり前にやっていた座席確保も一筋縄ではいかなくなりました。
コロナが無ければ、この座席番号も覚えることはなかったと思います。

昨シーズンは14位で終え、“這い上がるのみ”と挑んだ今シーズンでしたが、
結果は10位と順位こそ上がったものの、いまだに閉塞感は残ったままです。
これから新監督を迎え、戦力の入れ替えもあるでしょう。
来季こそは「新しい浦和」を体現して欲しいと思います。

シーズンが終わって残ったのは座席番号の記憶だけ…なんて悲しすぎます。

≪2020観戦の記録≫
さてさて、気持ちを切り替えて
毎年恒例のせっきーの観戦成績の報告をいたします!
今年は、ほぼアウェイの観戦ができなくなったため18試合の観戦に留まりました。
観戦:18試合(公式戦36試合中)
勝敗:7勝7敗4分
得点:28
失点:25
(せっきー調べ)

観戦試合での得点ランキングは、
1位…レオナルド選手(8得点)
2位…興梠選手(7得点)
3位…マルティノス選手(3得点)
やはりレオナルド選手の実力は本物でしたね!

さぁ来年は誰の年になるのでしょうか?

最後に、レッズレディースは皇后杯の準決勝進出を決めました!
12/24、京都のサンガスタジアムでアルビレックス新潟レディースと対戦します。
2020シーズンの二冠を目指してサポートしましょう!
浦和レッズレディース黄金期を…We are REDS!

こんにちは!RED POLUS STARのせっきーです。

突然ですが浦和レッズの歴代の得点王を覚えていらっしゃいますか?
1995年 日本人初の得点王となったMr.REDS 福田正博選手
2004年 強烈なスピードで相手守備陣を切り裂いたエメルソン選手
2006年 懐の深さと独特の間合いでゴールを量産した ワシントン選手
2009年 なでしこリーグ初優勝を支えた 安藤 梢選手
そして、 2020年その選手達に菅澤選手が仲間入りしました!

最終戦、菅澤選手は大事を取って試合開始をベンチで見守っていました。
しかし互いにゴールを奪えずスコアレスのまま迎えた55分、
柴田選手がペナルティエリア内で倒されてPKを獲得します。
すると森監督は菅澤選手をすぐさまピッチに送り出しました。
そしてキッカーを務めるのはもちろん菅澤選手です!
交代後のファーストタッチがPKという、とんでもなくプレッシャーがかかる場面でしたが、
その重責をものともせず、落ち着いてゴールネットを揺らし、
自身3度目の得点王に菅澤選手が輝きました!本当におめでとうございます!

菅澤選手のゴールで印象深いのは、第7節新潟戦のゴールです。
右サイドの清家選手からのシュート性のクロスを
いとも簡単に頭で捉えて、正確にゴールに流し込みました。
電光石火の得点劇に見ている観客も叫びたくなるような
気持ちの良いゴールでした!(もちろん叫ぶのは心の中だけです)

そして次は皇后杯、決勝の地は京都のサンガスタジアムです!
二冠を目指して…We are REDS!

PAGE TOP