ポラス社員のレッズ応援ブログ ポラス社員が綴る、愛するレッズの応援記録

こんにちは!RED POLUS STARのせっきーです!

夏場のアウェイ3連戦、札幌・水戸・神戸を1勝1分1敗で終えました。
唯一、天皇杯を勝ち進んだことは喜べますが、
それ以外は評価するには厳しい試合が続きました。

問題点は、水戸戦でターンオーバーを行ったものの、
チャンスを与えられた選手が結果を残せなかったこと。
逆にこの試合のスタメンで一番存在感を放っていたのは、
再三にわたってピンチを防いでいた西川選手でした。

神戸戦では、中6日で先発したメンバーのコンディションが悪かったこと。
更には足を滑らせる選手がレッズには多く、
試合以外の部分でも負けていた、と感じさせる内容でした。

右肩下がりに落ち込んでしまった状態ですが、
次は久しぶりのホームに松本山雅FCを迎えます。
闘うのは選手だけではなく、スタッフ・サポーターも同じです!
今一度、気持ちをリセットして、次の戦いに挑みましょう!

We are REDS!

*——————————— ポ ラ ス か ら の お 知 ら せ ———————————


 

>>ポラスで住宅を購入・施工・売買仲介・リフォーム・賃貸されたお客様から『生の声』が届きました<<


レッズサポーターの
お客様インタビューを掲載中!

 

こんにちは!RED POLUS STARのせっきーです!

ACLのため未消化だった鹿島アントラーズ戦。
「赤」を強く意識したレプリカ&Lフラッグdayのため、
ゴール裏はクラブカラーの赤一色で埋め尽くされました。
スタジアムはいつも以上に締まって良い緊張感がありました。
その空気感から否が応でもボルテージが上がります!

そしてこの日、33歳の誕生日を迎えた興梠選手に期待が集まりました。

試合は、序盤から積極的に攻めるもゴールを奪えず0-0で前半を終えると、
77分、一瞬のスキを突かれて失点してしまいます。
迎えた88分、左ウィングの山中選手がDFの頭を超えた絶妙なセンタリングを上げると
ファーサイドで上手くマークを外した興梠選手が冷静に決めて同点!
古巣相手に自身のバースデーを祝いました!!
スタジアムは更に逆転を期待しましたが、
同点で安心してしまったのか、暑さでバテてしまったのか反撃はここまで。
ホームゲームを1-1の引き分けで終え、勝点を分け合いました。

2019シーズン・ユニフォームのデカ旗がお披露目

新たな歴史を浦和レッズと共に!
We are REDS!

*——————————— ポ ラ ス か ら の お 知 ら せ ———————————


 

>>ポラスで住宅を購入・施工・売買仲介・リフォーム・賃貸されたお客様から『生の声』が届きました<<


レッズサポーターの
お客様インタビューを掲載中!

 

PAGE TOP