ポラス社員のレッズ応援ブログ ポラス社員が綴る、愛するレッズの応援記録

こんにちは!RED POLUS STARのせっきーです。

7.22柏レイソル戦。
コロナで中断していたJリーグが再開してホーム3試合目を迎えましたが、
今回も埼玉スタジアムは新たな装いで、とても鮮やかなものでした。
試合ごとに準備をいただいているスタッフ、後援会、ボランティアの皆様には本当に頭が下がります。
いつもありがとうございます!

しかし試合は、こんなにも立派なスタジアムにはふさわしくないものでした。
試合開始からペースを握るもフィニッシュの精度を欠き、攻めあぐねていると、
32分、自陣ゴール前でのミスパスをさらわれて失点。
前半終了間際に猛攻を仕掛けますが、相手の好守もあり0-1のまま折り返します。
後半に入っても反撃は出来ず、自滅する形で次々と失点し終わってみれば0-4で大敗。
ホームで成す術なく昇格クラブに無残にも完敗しました。

この日のスタジアムはどこか注意力が散漫に感じられました。
選手をサポートする以外の意図は不要だと思います。試合中は試合に集中しましょう!
今は試合の流れに応じて、自然発生で拍手が起これば良いのではないでしょうか?

次節は、2007年にJリーグ二連覇とACLとの二冠を阻止された因縁の相手、横浜FC戦です。
あの時の借りは必ず返す!We are REDS!

 

こんにちは!RED POLUS STARのせっきーです!

2005年からリーグ戦では負けのない味の素スタジアムでのFC東京戦。
スタジアムは前節と同様、上限5,000人でビジター動員がなく完全なアウェイゲームでしたが、
4戦負けなしと結果は悪くなかったため、今回も相性の良さで勝ちたい試合でした。
しかし、強力な外国籍選手に翻弄されて終わってみれば0-2で完敗。
2004年以来、およそ16年ぶりの「味スタ」での敗戦、そして今季初黒星となりました。

実はこのFC東京戦、2004年頃まではかなり相性の悪い相手でした。
【2001~2004】 1勝1分6敗
当時のレッズはかなり苦手としていました。
浦和出身の大熊さんや元レッズの原さんが監督をしていた、という因縁もあったかもしれません。
しかし、その翌年からの成績は…
【2005~2019】 19勝8分1敗
圧倒的に勝ち越し、お得意様になったのです!
対戦クラブの得手不得手はよくいわれますが、ここまで振れ幅の大きい相手はとても珍しいです。

思えば1999シーズン、レッズがJ2に降格したときにFC東京はJ1昇格を果たし入れ替わりました。
Jリーグで対戦する前から運命の対極にいるクラブ…なのかもしれません。
ぜひ次の対戦は、満員の埼玉スタジアムで迎え撃ちたいところです!

そして、同じ日にはレッズレディースがシーズン開幕戦を迎えました。
レッズランドの水害、コロナ禍での開幕延期と難しい状況でしたが、
森監督体制の2シーズン目を良い形でスタートを切れたと思います!
試合は、後ろから細かく繋いで崩すパスが機能し、ジェフ千葉レディースに4-2で快勝しました!
守備の部分での課題はありましたが、
成熟度が増したパスサッカーで今シーズンも楽しませてくれそうです!


駒場スタジアムの通称”出島”に掲げられたPOLUSの横断幕

週末に浦和レッズが帰ってきた喜びを噛みしめ、楽しみましょう!
We are REDS!

PAGE TOP