ポラス社員のレッズ応援ブログ ポラス社員が綴る、愛するレッズの応援記録

こんにちは!RED POLUS STARのせっきーです!
オリンピックの中断期間を挟み、新戦力が加わった新生・浦和レッズ。
酒井選手、ショルツ選手、江坂選手、平野選手、木下選手…
合流して間もないですが、彼らはすでにチームの力になっています!

そして迎えたルヴァンカップ準々決勝。
相手は3月のリーグ戦で0-5と歴史的な敗戦を喫した川崎フロンターレです。
第1戦を1-1で折り返し、第2戦はアウェイ等々力に乗り込みました。

試合は早々に動きました。
8分、最終ラインの岩波選手から相手DFの裏のスペースにふわりとしたロングボールを入れると、
これを江坂選手が前に走り込みながら、胸でコントロールをします。
DFに寄せられながらも、落ち着いてゴールに流し込み先制!
アウェイゴールを獲得し、ベスト4進出に向けて大きく前進します。
しかし、このまま試合は終わりません。
前半のうちに同点とされると、77分83分にCKから立て続けにゴールを割られて1-3。
試合終盤、残り7分とアディショナルタイムで2点差を追う厳しい展開になりました。
しかし、劇的なドラマがこの後に待っていました!
87分、右SBの西選手のアーリークロスが相手のミスを誘い、
こぼれたところをユンカー選手が押し込み、1点差に詰め寄ります!!
ベンチではリカルド監督がコーチングボードを前に“あと1点を取る術”を熟考していました。

アディショナルタイム、槙野選手をFWに投入します。
怒涛の攻撃からCKを得るとGK彩艶選手も前線に上げて、“1点”を取りに行きます。
このCKを江坂選手が鋭くカーブを掛けてゴール前に上げると、
抜けてきたボールをファーサイドで待っていたショルツ選手が
ゴールラインぎりぎりでダイレクトボレーで折り返します!
このボールをユンカー選手がピタリと頭で合わせてシュートを放ち、
こぼれたボールを槙野選手が右足アウトサイドではたくと、GKの手をかすめながらもゴール!!!

静まり返る等々力競技場…歓喜に沸くレッズ!
現地にサポーターはいませんが、これぞ正に『ONE HEART MATCH』です!
皆の心が一つになった瞬間でした!

これでルヴァンカップはベスト4進出、次節はリーグ横浜FC戦です。
そして9/12にはレッズレディースが待ちに待ったWEリーグ開幕を迎えます!
チームの勢いと結束がさらに強まり、結果が付いてきています。
忘れかけていたこの高揚感を胸にして、共に頂点へ!

We are REDS!

こんにちは!RED POLUS STARのせっきーです。

さて、7/10に東京五輪前のラストマッチ、アウェイ・大分トリニータ戦が開催されました。
下位チームを相手に勝ち点を上積みしたい試合でしたが、
試合は早々にカウンターから失点を許し1点のビハインドを背負います。
その後、終始ボール保持をするも決定的な場面は作れず、0-1の敗戦。
昭和電工ドームでの17年ぶりの勝利はならず…ビッグアイの呪いは祓えず…。
中断前の大事な試合は、課題の残る敗戦となりました。

さて、この後は東京五輪です!
レッズ所属の選手達が活躍することはもちろん、
怪我なくクラブに戻ってくれることを祈っています!

【オリンピック代表】
(男子U-24)
NO.2 酒井 宏樹選手(オーバーエイジ)
NO.15 橋岡 大樹選手(期限付き移籍中)
NO.22 鈴木 彩艶選手
(オーストラリアU-24)
NO.14トーマス・デン選手
(女子なでしこ)
NO.1 池田 咲紀子選手
NO.5 南  萌華選手
NO.9 菅澤 優依香選手
NO.13 塩越 柚歩選手

次節は8/9アウェイ・コンサドーレ札幌戦です。
五輪選手の出場は難しそうですが、
新規加入の江坂選手は準備万端で浦和レッズのデビューを果たしてくれるでしょう!
「浦和から世界へ!」
We are REDS!

ARCHIVES

PAGE TOP