お知らせ一覧

その他

2017年1月20日

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(「ZEH」)

 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(「ZEH」(ゼッチ))という言葉、ご存知で しょうか。  これは、政府が「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅 については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住 宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅の実現を目指す」 とする政策目標を掲げたのを受けて、高断熱外皮、高性能設備と制御機構等を備えた 住宅のことです。簡単に言うと、建物を高気密・高断熱にして省エネ化をはかり、太 陽光などで生み出したエネルギーで住まいのエネルギー(家電使用分は除く※1)を まかなえるようにしよう、というものです。 ※1 光熱費が0円になるわけではありません。  このZEH仕様にすることで、補助金の交付を受けることができます。 一戸あたり なんと 125万円!! ※2 ※2 平成28年度の補助金額です。    補助金交付の諸条件に建築会社がZEHビルダー登録されている必要があります。   ポラスグループでは、注文住宅において登録をうけております。  ランニングコストの低い住宅を建てるためにイニシャルコストを補助してくれると いうある意味夢のようなお話です。せっかく住宅建築を検討するのであれば、選択肢 としてご検討してみてはいかがでしょうか。 2020年までに標準的な新築住宅(=ハウスメーカー、工務店などがつくる新築住宅の 過半数が「ZEH」)という高い目標を掲げて、国が推し進めている政策となりますので 今後の住宅市場における基準仕様となっていくことが予想されます。  もちろん、住宅を高性能にするためや太陽光の設置するには、相応の費用がかかり ます。そのための資金計画のご相談も承りますので、我々ローンコンシェルジュをお 気軽にご利用ください。


前のページへ

次のページへ

より詳細のシミュレーションを希望される場合は専門スタッフにご相談ください。
お客様に最適のローンをご提案いたします。

最適なローンを相談する


PAGE TOP