知って安心!納得!! 地盤の知識

  • 地質を調べる
  • 地盤強度と安全評価
  • 地盤補強工法について

安全・安心の建物は、地盤の過去・現在・未来を考えることから始まる

いかに耐震性の優れた躯体であっても、地盤状況を知らなければ長期にわたって安全、安心を実現出来ません。
地盤は一歩違えばまったく違う地盤が堆積していることもあり、非常に複雑でさまざまなケースが存在します。
住宅品質保証では本当に安全で安心できる地盤をご提供するために各種調査や試験を重ねています。

地盤調査マップ●地盤調査実施位置

shadow

1 地質・土質を調べる

地質特性を知るには?

土質や特性を知りつつ、現場ごとの正確な土質を把握することが大事になります。実際の調査では異なるデータが得られることもあります。

自然状態の関東ローム層は一般的に強度が良好!
関東ローム層とはおもに台地や丘陵地など、非常に古い時代に堆積した土質です。安定していて、良好な強度を有していますが、一度乱してしまうと著しく強度が低下してしまうという特徴があります。自然状態の関東ロームであれば、地盤改良工事を必要としない場合もあります。

腐植土は非常に軟弱です…
腐植土とは水田や沼地などを埋め立てた際に残った植物が多く混入した土で、水分を多く含んでいて、スポンジのように少しの力を加えるだけで大きく収縮する非常に軟弱な土です。したがって、住宅の建築においても非常に問題が多いため、十分な地盤対策が必要となります。

大事な敷地。昔の土地をご存知ですか?

土地の歴史は地盤の良し悪しを知る重要な情報源!

水分を多く含む土質が堆積する「水田・沼地・谷地」などは地盤の弱い可能性が大きく、「山地(台地・丘陵地など)」などは地盤が強いと予想できます。このように、その土地の過去の姿は地盤を知るための重要な情報源となります。

土地履歴は資料を参考に調べます。

1地形図 1/25,000と1/50,000の2種類があり、書店で購入できるるほか、CD-ROMやインターネットでも閲覧することができます。
2旧版地形図 土地改変以前の地形が書かれている場合が多く、その土地の過去と現在を見比べるのに役立ちます。
3土地条件図・
地形分類図
土地条件調査の結果から地形分類について示したもので、地盤をある程度判断するのに役立ちます。
4空中写真 地形や土地利用、都市化など、その土地の移り変わりを判断するのに役立ちます。
5地質図 地質の状態を示す地図です。岩石の分布や地質構造などを確認できます。
6地盤図 大都市や臨海工業地帯で作られているボーリングデータをまとめたもので、地盤の大まかな構造を知る上で便利です。
7その他 ハザードマップ(災害予想地図)や都市圏活断層図などが挙げられます。
shadow

2 地盤強度と安全評価

どんな地盤が危ない?安全?

様々な情報を総合的に検討する必要がありますが、ポイントは2つ、地盤の破壊と地盤の沈下です。

地割れによる地盤破壊のイメージ 地盤が壊れたりしない?
建築物や盛り土など、地盤に対しその強さ以上の荷重がかかると地盤の破壊が発生します。左のイメージ図のように地割れの発生などが代表的な例で、地震や台風などによるがけ崩れなども地盤破壊のひとつです。

地盤沈下のイメージ 地盤沈下の心配は?
地盤沈下とは、土の間隙に存在する水や空気が、建築物などの荷重によって押し出され、その分だけ地盤が沈みこむ現象です。水を吸ったスポンジに重いものを載せると、イメージがわきやすいでしょう。

ポラスではどんな地盤調査をしているの?

 

スウェーデン式サウンディング試験(SWS)調査機 ハンドオーガーボーリング試験 標準貫入試験(ボーリング調査)
Column 適正な地盤判定を行うために

ポラスはSWSだけでは適切な地盤評価が困難となる地盤で土質試験を行います。
日本工業規格(JIS)などによって決められた試験方法により、気になる土質の「状態と性質」を求め、
土の「特徴」 を明らかにして、さらに精度の高い地盤調査結果を得ることができます。

  • 土の強さを測る〈一軸圧縮試験〉

    円柱状の土の塊に、上下から壊れるまで力を加えて土の強さを測ります。簡単なため、日本では最も多く用いられる方法ですが、砂のようにすぐ崩れてしまう土には不向きで、主に粘土質の土で行われます。

  • 土の強さを測る〈三軸圧縮試験〉

    円柱状の土をアクリル製の容器の中に入れ、前後左右から水圧をかけて土の強さを測定します。 土の排水能力を測る試験として広く用いられています。主に砂質土で行います。

  • 沈下特性を検討する〈圧密試験〉

    主に地盤沈下の予想を立てるために行われる試験方法です。土をできるだけ自然のままの状態に保ち、そこに徐々に圧力を加えていき、その耐久性から土の密度を測ります。

調査計画は建築物・予定地によって定まります。
お気軽にご相談ください。

shadow

3 地盤補強工法について 一般例のご紹介

危ない地盤はどうすればいいの?

地盤補強にはさざまな種類の工法が存在しますが、主に4種類に分けられます。

地盤の調査により問題(弱い地盤など)が確認され、建物に有害な損傷や変形などが将来的に予想される場合、安全で安心できる対策を講じる必要があります。地盤補強工法も有効な対策のひとつです。

弱い地盤を強い地盤に置き換える

表層改良工法

弱い部分を掘り起こし、固化材を混ぜる。

締め固めて施工完了。

土地の浅い部分に弱い地盤が確認された場合、その部分を掘り起こし、土に固化材を混入して地盤を硬くして強度を上げる方法です。 作業効率が高く、工期も短いため経済的な工法です。

幅広い条件に対応

柱状改良工法

空掘りしたところに固化材と水を混ぜたものを注入。撹拌して(かき回して)施工完了。

固化材と水を混ぜたものを土と一緒にかき回し、化学的に固化したソイルセメントコラムを成柱することで地盤を強化し、地盤沈下を防ぎます。 ただし腐植土が堆積する非常に軟弱な地盤では不向きな工法です。

土の種類に左右されない

鋼管杭圧入工法

杭材をセットし、埋め込むことで施工が完了。

杭状の鋼管パイプを地中に埋め込み、強固な地盤に定着させて支持力を得る工法で、土の種類に左右されず、軟弱な地盤でも可能な反面、経済的に高価になる場合が多々あります。

杭と地盤で支持する複合地盤補強工法

SF-Raft工法

従来工法

『杭のみ』による支持構造

SF-Raft工法

杭と地盤』による複合支持構造

杭状に掘削し、セメントミルクを注入しながら杭を形成するだけの簡単施工の工法です。土と混合撹拌しないため、土の種類に左右されず、高品質かつ高支持力を確保できます。簡単施工で工期短縮が図れ、残土処理がほぼ不要、さらに杭と地盤の支持力を適切に評価することで経済的な設計を可能とし、低コストを実現します。もとの地盤を活かしながら補強するポラスオリジナル工法です。

column 補強工法の選び方 地盤の強度と補強工事の関係

地盤補強工法は費用が高ければその分安全、というわけではありません。
対象となる地盤の強度が高いほど安価な工法を選択できますが、軟弱な地盤であれば高価な工法が必要になります。
重要なのは、その地盤に合う工法を選ぶことです。

地盤/工法/価格
地盤調査は住宅品質保証にご相談ください
048-990-5615(直通) 担当:磯山・笹田
住宅品質保証 会社概要
お問い合わせ
Page TOP