住宅ローンでよくある質問

よくある質問一覧

ローンを組む前

ローンについて

ローンを組む前

頭金をためてから家を買ったほうがいいのでしょうか?
頭金はあった方が良いですが、必ずしも必要なわけではありません。
物件金額にプラスして登記費用や火災保険料などの諸費用まで借りることができる金融機関もあり、頭金0で購入するお客様も増えています。
賃貸に住んでいれば、頭金を貯めている間も家賃や駐車場代金がかかってきます。
先送りにするデメリットもありますので、よく検討する必要があります。
具体的なシミュレーション等はコンシェルジュにご相談ください。
住宅購入にあたり、頭金が2割はあった方が 良いと聞いたのですがなぜでしょう?
頭金はあった方が良いですが、必ずしも必要というわけではありません。
現在は民間の金融機関をはじめ多様な商品がありますが、昔は住宅金融公庫を利用する方が多くいました。(現在の住宅金融支援機構)住宅金融公庫は8割までしか融資して頂けず、残りの2割を用意できない場合は民間の金融機関を利用したり、その2割部分だけ別の金融機関から借入をする等が必要でした。
しかし現在は民間金融機関でもかなりの好条件の商品も出ており物件の売買代金のほか、不動産登記にかかる費用や火災保険料など、住宅購入にかかる諸費用をすべて借りることができる金融機関もあります。
頭金を貯めている間に家賃を払い続けることにもなります。
具体的シミュレーションなどはローンコンシェルジュにご相談ください。
サラリーマンですが、転職したばかりでもローンは組めますか?
勤続1年以上を借入可能条件とする金融機関が多いですが、
勤続1ヶ月以上で借入可能な金融機関もございます。是非ご相談ください。
車のローンが残っているのですが、返済しなくても住宅ローンは組めますか?
その借入先や金額等、諸条件にもよりますが、
お借入を残したままでも住宅ローンを組むことは可能です。
HP上からご相談頂ければ現在残っている借入を考慮した借入可能額を算出いたします。
ローンを組むのに年齢制限はありますか?
申込時の年齢は20歳以上から、60〜65歳までとする金融機関が大半です。
年齢が高い場合(一般的には50歳〜)は、会社定年後の返済計画等が必要となる場合がございます。
自営業者はローンを組むのが難しいと聞いたのですが本当でしょうか?
自営業者の方だからという理由だけでローンを組むのが難しいということはありません。
しかし、サラリーマンの方と違い確定申告書の提出が求められ、その内容も審査対象となります。
まずはローンコンシェルジュにご相談ください。
妻の年収と自分の年収を合算して審査ができると聞いたのですが、パートタイマーでも可能でしょうか?
パートタイマーや契約社員の方でも、金融機関によっては収入を合算して住宅 ローンを組むことが可能です。
しかし条件や合算可能な額は金融機関によって異なりますので、ご相談ください。
共働きなのですが、それぞれでローンを組んだ方が良いのでしょうか?
それぞれでローンを組むことで、それぞれが住宅ローン控除を受けられるなど、メリットもあります。
一方で、奥様が将来出産や育児で仕事を休む、退職する事があれば、その分収入が減り、結果メリットである住宅ローン控除が受けられないなども考えられます。退職後にご主人様に万が一があれば、奥様分のローンは残りますので、支払いに不安が残ります。
二人で全額のローンの責任を負う「連帯債務」という方法もあります。こちらでも、二人とも住宅ローン控除を受けることができます。一方、多くの金融機関ではどちらか一方しか団体信用生命保険に加入できませんので、加入していない方に万が一があった場合もローンは残りますので、支払いに不安が残ります。
その他にも、それぞれメリット、デメリットがあります。
詳しくはローンコンシェルジュにご相談ください。
住宅ローンの申込に必要な書類は何ですか?
申込金融機関によって異なりますが、多くの金融機関で必要となる書類は、住民票、印鑑証明書、課税証明書、源泉徴収票、免許証(写)、保険証(写)です。自営業の方は、課税証明書と源泉徴収票の代わりに、納税証明書と確定申告書(写)が必要となります。また、審査によってその他書類が必要となる場合もございます。
詳しくはコンシェルジュにご相談ください。
銀行選びは何を基準にしたらいいですか?
金融機関それぞれに、ローン金利はもちろん、団体信用生命保険、その他サービスに特徴があります。
その特徴の中で、自分にあった金融機関をお選びいただくことになります。
多くの方が挙げられるポイントは、金利の低さ、団体信用生命保険の保障、支店網、各種手続きの容易さ等です。これらの中で重視するポイントを総合的に考え、選択していくことになります。
詳しくはコンシェルジュにご相談ください。

ローンについて

住宅ローン控除って何?
「住宅ローン控除」とは、住宅をローンで購入したり、リフォーム等で改修工事をしたりすることで、年末のローン残高に応じて税金が戻ってくる制度です。
*制度の適用には一定の条件があります。詳しくはコンシェルジュにお問い合わせください。
住宅を購入すると確定申告が必要ですか?
ローンを組んで購入の場合、「住宅ローン控除」適用のため確定申告が必要になります。確定申告は所得税の還付申告にあたり、お住まいの地域を管轄する税務署にて1月から申告が可能です。なお、2年目からは年末調整で申告が可能になりますので、還付の確定申告は必要ありません。
金利は変動がいいの?固定がいいの?
変動金利は、金利は低く支払額を抑えられますが、将来金利が上がり支払額も増加する可能性があります。固定金利は、変動金利より金利が高く支払額も高くはなりますが、固定期間が終わるまでは支払額が「変わらない」という安心、それ以上にはならないという安心が得られます。HPよりご相談いただければ、お客様の現在の状況、ライフプラン等を考慮したうえでご提案させていただきます。
「フラット35」とはなんですか?
民間の金融機関と住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が提携した、全期間固定金利型の住宅ローンです。受付金融機関によって、金利や手数料が若干異なります。
この手数料もポラスの提携ローンで特別優遇商品もあります。
条件は毎月変わりますのでお問い合わせください。
団信とはなんですか?
団体信用生命保険の略称です。
住宅ローンを借りた人が死亡したり、重度の後遺障害におちいった場合に、
ローンを一括返済してくれる保険です。加入するには保険会社の審査がございます。
持病があるのですが、団信に加入することはできますか?
団信加入が可能かどうかだけお調べすることも可能です。
病名や薬名、入院・手術歴などを教えて頂ければ一般的な事例でお答えできます。
※正確な判定は保険会社の審査が必要となります。ローン相談のフォームよりお問い合わせください。
8大疾病とはなんですか?
団体信用生命保険の死亡保障・高度障害保障に加え、ガン・脳卒中・高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎の8つの特定疾病および重度慢性疾患におちいった場合に、
ローンの返済等の保障を受けられる特約付きの団体信用生命保険のことを指します。
ガン保険、8大疾病付保険は加入したほうがよいのでしょうか?
「必ず加入したほうがよいとは限りません。」金融機関によっては、それらに加入することで金利があがることになります。自分が今加入している保険と総合的に考え、必要かどうか判断することが大切です。
繰り上げ返済はいつしたらいいですか?
一般には、早ければ早い方が利息軽減効果があり、よいと言われています。しかし、お子様の教育費がかかる時期にはそちらを優先する事もあるでしょうし、借り入れてから10年以内は住宅ローン控除がありますので、その期間は無理に繰り上げ返済する必要はないかもしれません。よく検討する必要があります。

より詳細のシミュレーションを希望される場合は専門スタッフにご相談ください。
お客様に最適のローンをご提案いたします。

住宅ローンのご相談・お問い合わせ


PAGE TOP