お知らせ一覧

住宅ローン全般

2016年12月19日

固定特約金利について

『固定特約』金利は安心?    住宅ローンのお借入をする上で、避けて通れないのが『金利選択』です。    全期間固定、一定期間の固定特約、変動金利、その組み合わせなど    お客様一人一人に、適している金利プランというものがあります。      その中で、今回は『固定特約』金利について、ご説明します。       返済期間を35年などとした場合で、5年や、10年の一定期において    固定金利で返済する事を、『固定特約』と言います。    固定特約は、特約締結時に一定の金利で特約期間の返済をする事を指し、    原則として固定特約期間中に他の固定特約や、変動金利に切替えたりできません。    金融機関は、その特約金利を適用することで、先々に金利上昇した場合の    利益を確保する為、固定特約金利は、一般的に変動金利と比較し、    若干高めの金利に設定している場合が多いです。    よって、固定特約期間中に繰上返済をすると、    金融機関は見込んでいた利益(利息)    が得られなくなるため、一般的に繰上返済手数料を請求する場合が多いのです。    例えば、金利上昇するとお考えの方にとって、一定期間の固定特約は    適している商品と言えるでしょうか?        先々の事は私共もわかりませんが、お客様お一人、お一人に、適している    住宅ローン金利の選択が必要であり、ローンコンシェルジュでは、お客様が    先々の返済が安定して行えるようなアドバイスを行います。    私にはどの金利プランが適しているの?とご不安な方、    是非、ローンコンシェルジュの話を聞いてみませんか?


前のページへ

次のページへ

より詳細のシミュレーションを希望される場合は専門スタッフにご相談ください。
お客様に最適のローンをご提案いたします。

最適なローンを相談する


PAGE TOP