募集職種一覧
応募前相談とは

地域のお客様の為に尽くす、ポラスの仕事

ここでは、いくつかの部署での具体的な仕事の内容や1日の流れ、仕事のやりがいなどをご紹介します。どの仕事も、内容は違えど「お客様のために」「お客様と共に」日々の仕事を進めています。

※興味のあるところをクリックして下さい

注文住宅営業
注文住宅設計
分譲住宅営業
分譲住宅設計
売買仲介営業
リフォーム事業
プレカット事業
賃貸仲介営業

 
 
 

「オーダーメイドでお客様の住まいづくりを提案する」、それが注文住宅の営業です。 注文住宅の購入は「一生に一度の買い物」と言われるように、お客様の非常に大きな決断を要する人生の一大イベントです。その大きな決断に対してサポートするため、注文住宅営業は「ポラスの窓口」として様々なご要望を伺い、寄り添い、お客様にご満足いただくために様々なサポートをしていきます。お客様の生活をご提案していくことは難しく、また責任も重大ですが、同時にやりがいも大きな仕事です。

注文住宅営業の主な仕事

1)展示場・現場見学会での接客
2)訪問・電話・ポスティングによるアプローチ
3)資金計画や間取り等のプラン提案
4)設計・インテリア・工事部門との打ち合わせ
5)提案から入居までの進捗管理
6)完成物件の引き渡しと、その後のフォロー

仕事の醍醐味、やりがい

注文住宅営業の醍醐味は、なんと言っても「お客様の暮らしづくり」のスタートから関わり、注文住宅の完成まで一緒に寄り添えることです。住宅が完成してお客様からお褒めの言葉を頂くことは、注文住宅営業にとって大きな喜びとなります。
また、住宅は完成して終わりではなく、むしろそこからお客様の暮らしが始まります。ポラスではアフターメンテナンスにも力をいれているので、完成した後もずっとお客様とのお付き合いが続きます。お客様と家族のように親しくなることも多く、それも営業ならではのやりがいと言えます。

 

現在家をお持ちでない方や賃貸住宅にお住まいの方、建て替えをお考えの方に建物や土地の販売をするのが主な業務です。土地の情報を仕入れるために不動産会社を回ったり、ポスティングを行って新規顧客へのアプローチをすることも多いです。また、購入後のお付き合いも営業の大切な仕事ですね。

前職の不動産仲介業で、SturdyStyle(ポラスの注文住宅ブランドの1つ)の建物を見る機会があり、「こんな素敵な建物があるんだ」と興味をもち、ポラスのホームページを閲覧したのがきっかけでした。私の夢は、デザインを通して素敵な街づくりをする事なのですが、ポラスのSturdyStyleはデザインに長けているということに加え、ハウスメーカー、設計事務所、工務店の良いとこ取りをしていて、価格もグループならではのスケールメリットを出せることに魅力を感じました。

前職の不動産仲介業とは契約までのスピードが違い、注文住宅は契約までが長いですね。SturdyStyleにいらっしゃるお客様はこだわりの強い方が多く、ハウスメーカーでご要望が満たされなかったお客様が多いのですが、ご要望を紐解いていくと「露天風呂風の家に住んでみたい」「家の中心にフラッグを立ててオリンピックの時に国旗を掲げたい」「ウォールクライミングを作って欲しい」など、普通のメーカーさんでは難しいご要望をお持ちになっていることもあります。それを実現することは大変ではありますが、やりがいがあります。もちろん、お客様のご要望を叶えたいので、ファーストプランの時点から設計担当と言い合いになることもあります(笑)

元々商品の良さに惚れ込んで入社しましたので、自分が良いと思ったものを売れるところにやりがいを感じます。それと、プランを出す際、お客様のご要望にプラスアルファしてサプライズを差し上げることがあるのですが、それを喜んでいただけた時は嬉しいですね。
また、住宅が完成した際にお客様から「他のハウスメーカーではなく、瀧川さんに頼んでよかった、ありがとう」と言っていただけるととても嬉しいですし、SturdyStyleを誇りにも思いますね。


 

注文住宅設計は、契約前に営業に同席して要望をヒアリングし、プランを提案する「フロント設計」と、契約後に詳細をつめて施工図面を完成させる「実施設計」があります。役割は違えど、どちらもお客様一人ひとりと向き合って生活スタイルなどを話し合いながら、世界にひとつのプランをご提案するという非常にやりがいのある仕事です。

注文住宅設計の主な仕事

1)契約前、営業と共にヒアリング&プランの提案
2)契約後、詳細の打ち合わせ
3)図面作成、打ち合わせ資料の準備
4)現場監督への施工図面引継ぎ
5)現場にて進行状況確認
6)お客様の要望による変更図面作成等

仕事の醍醐味、やりがい

すべてがオーダーメイドなので、毎回、ゼロからお客様のご要望を聞いて、最適な答えを導き出していく。これが、設計の一番難しいところでもあり、一番面白いところでもあります。
お客様との会話や表情などから隠れた要望を見出すことも求められますので、ただ図面を引くだけの設計とは違い、難易度も高い仕事です。しかし、ご要望を上手くつかみ、期待を超えるような提案ができた時、そしてその住宅が完成した時は設計者としてこの上ない喜びを感じることができます。

 

“フロント設計”(企画設計)として意匠を担当しています。お客様にお会いし、営業と一緒にプレゼンを行い、契約に至るまでのプランのご提案、そして間取りの骨格を決めるところまでが基本的な作業です。また、そのまま実施設計まで担当して工事部門への引き継ぎまでを一貫して行うこともあり、工事の擦り合せや構造の確認などもします。
設計図を描く際にはやはり集中力が必要で、人がいると図面があまり描けないタイプなので、日中はだいたい現場に行ったり事務処理をするようにし、比較的事務所に人が少ない時間を上手く活用して設計図を描くようにしています。

前職では商業建物の意匠をしていたのですが、商業系の場合は、店舗リニューアル等で壊したりして、また新しいものを作っての繰り返しになることが多いんですね。一方で、住宅は自分の携わったものとして、長いスパンで形が残っていくので、そちらの方に行きたいと考えました。ポラスは地域に密着している事も魅力的でしたし、職場では幅広い年齢の様々な人の意見を聞くことができるので、もっと学ぶ事ができると思い入社しました。

入社当初は資格も持っていませんでしたし、基本的には何も出来ませんでした。ですが、自ら望んで新しい学びの場に来たので、苦ではありませんでした。設計というのは見た目のデザインそのものが最重要というわけではなく、『どういう生活空間をつくっていくかという「想いの部分を共有」できているか』ということが大切です。
その軸を大切にしていくことで、住宅の設計としては未経験ながらも少しずつ実績を重ねることができたのだと思います。
グッドデザイン賞を受賞した物件についてもポイントは同じで、いかにお客様の想いを形にするかということに最も注力しました。「1回だけ」というご提案のチャンスを頂いて、ご提案までの2週間の間、お客様の求めていることを突き詰めて考えて提案した結果、その場でお返事を頂くことが出来ました。お客様からも大変ご満足いただけましたし、結果的にグッドデザイン賞も受賞することができたので、非常に達成感も大きかったですね。

『今まで作ったことがない物を現場で作っていく過程』にやりがいを感じます。前職の商業系だと、どうしても一箇所の部位に関わるだけで、全てを掌握しづらいのですが、住宅の場合は、全てを掌握して色々な工程の方々と関わりながら仕事ができるのが醍醐味だと思いますし、それが楽しいです。
また、住宅はお客様がご自身の大切なお金を使って作るものですので、そのお客様にとって本当に価値があるものがどうなのかを共有しながら作れる面白さがあります。
同時に、ポラスには実力や実績を平等に評価してくれる風土があるので、やったらやった分だけ評価してもらえるというのもやりがいの一つだと思っています。

注文住宅を計画されているお客様のご要望をお聞きしてまとめ、その内容を具体的な設計図面にして、建物が建てられるようにするのが仕事です。また、設計図が決まった後に建設現場へ行き、不明な点が生じていないか、図面通りに施工されているかのチェックも行っています。

前職は法人のお客様が中心で、お打合せは企業の担当者の方とする事が多かったのですが、どこか「本気さ」に欠けるというか・・・。オフィスのデザインですから仕方ないわけですけど。どこか物足りなさを感じました。
そこで、ご自身のお金で「マイホーム」という夢を叶えようとされる注文住宅のお客様と本気で仕事をする方が楽しそうだと思い、住宅専門の会社に行こうと考えました。また、設計だけではなく、施工にも責任を持つ「物作りの現場」にも関われるような会社を探していたところポラスと出会うことができ入社を希望しました。

一つはチームプレイの難しさです。ポラスグループは責任一貫施工体制をとっていますから、僕のような設計担当も設計して終わりではなく、「実現性」や「機能性」も慎重に考えながらプランニングする必要があります。設計側から要求を出すばかりではなく、横断的に要望や感想を共有し合い、他部門とのギブアンドテイクで成り立っていると仕事だと感じます。
二つ目は、作りたいものを作るのではなく、お客様の側に立った設計という点です。 お客様と会話していると、“設計士”は、先生気質で勝手にクリエイティブなものをバンバンつくって、実は使い勝手が悪いものを作るんじゃないかと懸念される方が少なくなんです(笑)。
なので、僕はあくまでもお客様との会話からヒントを探り出し、お客様のご要望を満たした上で、どうしたら「かっこよく、楽しく、使い勝手が良いものができるか?さらに期待以上のものができるか?」を作るように心がけています。

お客様に建物を引き渡した時ですね!引き渡しの際に立ち会わせていただくのですが、「わぁ〜、思った通りでうれしいです」「期待していた以上です!」と仰っていただけるとやっぱり嬉しいですね。
また、お客様が実際に住まわれてから、ご招待していただいたり、お食事に招いていただくことも多いのですが、僕が設計した家でお客様が楽しそうに暮らしている場面を目の当たりにすると、この仕事をやっていて良かったと思いますね。


 

用地仕入・設計とともに企画した街並みをお客様にご提案するのが分譲住宅営業の仕事です。
エリアのことを熟知した地域密着型経営であることを活かして、その地域にマッチしたコンセプトとお客様のニーズを掛け合わせた「豊かな暮らしが実現できる街」を創っていきます。分譲住宅の営業担当は、言わば“街づくりのプランナー”です。

分譲住宅営業の主な仕事

1)用地開発担当・設計担当と共に街並みの企画
2)訪問・電話・ポスティングによるアプローチ
3)モデルハウスでの接客
4)資金計画・ご要望に合う物件の案内
5)インテリア提案のご提案があった場合、インテリア部門への引継ぎ
6)物件の引渡とその後のフォロー

仕事の醍醐味、やりがい

分譲住宅というと全く同じ家がたくさん並んでいるというようなイメージを持っているお客様もいらっしゃいますが、ポラスの分譲住宅は、ひとつひとつの家を作るのではなく街全体をつくるというところが強みで、またそこが分譲住宅営業の醍醐味となっています。
自分たちでコンセプトから考えた家をお客様が気に入って下さり、実際に幸せそうに暮らしている姿を見ることは分譲住宅営業にとって何よりのやりがいとなります。

 

分譲地にご来場いただいたお客様や、インターネットからお問い合わせ頂いたお客様に対して、資料を作成しお届けするところからアプローチをします。その際、お客様とはなるべく顔を合わせて資料をお渡しするように訪問することを心がけています。また、住宅をご購入していただいた後も、ポラスグループ全体でお客様を支えてまいりますので、リフォームの相談や、メンテナンスなどの相談窓口として私にご連絡をいただく事も多く、お客様とは長くお付き合いさせていただいております。

お客様とお話をすることは、前職(紳士服販売)でも経験しておりましたので、抵抗なく出来たと思います。ですが、不動産の知識はまったく無く、右も左もわからない状況でしたので、何をすればお客様に家を買っていただけるのか分かりませんでした。そこで、入社後は中途採用向けの研修を受け、住宅ローンや不動産物件の知識を増やしたり、ポラスグループの施設を見学するなど、グループの強みも理解できるように教えていただきました。また、周りで働くメンバーからも細かく教えてもらったり、とても良いフォロー体制があったので、安心して働き始めることが出来ました。それから一年くらいは、先輩に営業同行などフォローをしていただききながら仕事ができるようになっていったと思います。

住宅は価格が高いので、販売することに大きな責任を感じます。前職では2〜3万円の商品を取り扱っていたので、気に入らないときなどは買い換えが効きました。ところが、住宅は大変高価であり、一生住んでいただく前提の商品ですので、お客様に満足して買っていただく必要があるという点が凄く難しいです。
また、お客様によって気にされるポイントが全く違うという点にも難しさを感じますね。前職では、お客様はご自分が気に入った洋服を販売員に相談せずに購入される場合も多々ありました。ですが、現在の住宅の営業場合は、すべてのお客様が、何かしらの相談をされます。それぞれのお客様によって気にされるポイントも違いますし、そのポイントをクリアできなくては購入には至りません。つまり、お客様の心を動かすことが必要なのです。
住宅の営業は、お客様と一生お付き合いしますので大変なこともありますが、そこで満足していただければポラスの評判も上がり、結果他のお客様のご紹介にもつながります。

住宅を引き渡す際、こちらは買っていただいている立場なのに、お客様から「ありがとう」と感謝される仕事って凄いな、と思いますね。お礼におみやげを頂くこともありますし、普通逆じゃないかな〜と思うくらいなんですけどね(笑)。
お客様に本当に感謝いただける仕事に、本当にやりがいを感じます。

平日は、お客様の訪問や飛び込み営業、電話によるアプローチを行っています。土日祝日は、現場見学会でモデルハウスでのご案内等を行います。また、住んでいただいた後の不具合があったときの対応や、リフォームしたいというご希望をいただいた際の提案も営業の仕事になります。お客様からしてみれば大変大きな買い物ですし、我々もそれだけの大きなものを販売させていただいておりますので、一生お付き合いさせていただきたいというスタンスで取り組んでおります。

ポラスを選んだ理由は、自宅から勤務地が近いという魅力と、地域密着型でシェア率が高いという事から、安定して働きやすそうな印象を受け、入社を希望しました。未経験からの入社で分譲と注文の違いもわからないレベルからのスタートでした(笑)。ですが、同じチームの上司やメンバーにしっかりとサポートをしていただけましたし、研修も整っていて、スムーズに仕事を覚えることが出来ました。

お客様のご予定やご予算に合わせる必要がありますので、打ち合わせのスケジュール調整や、大きな値引きのご相談を受けるなど、予期せぬことに臨機応変に対応する大変さはあります。しかし、ご購入していただいたお客様のお宅に、ご契約後「そろそろ住み慣れたかな」という頃に伺うと、庭でお子さんと楽しそうに遊んでいたり、契約時にはいらっしゃらなかったお子さんが誕生していたり、お客様が幸せそうに暮らしているところを垣間見た時は、何とも言えないやりがいを感じますね。


 

分譲住宅設計は、景観・環境・コミュニティー形成を重視し、コンセプトを明確に打ち出した街並みを企画・設計します。
ただ箱としての家をつくるのではなく、街全体を創るということが分譲住宅設計の醍醐味でもあります。お客様のニーズを盛り込んでいくことは勿論ですが、時には大胆な提案をすることでお客様に驚きと喜びを与えることもできる仕事です。

分譲住宅設計の主な仕事

1)用地開発担当・営業担当と共に街並みの企画
2)プラン・仕様・デザインの決定
3)申請及び施工用の各種図面作成
4)工事部門への図面引継ぎ
5)現場にて進行状況確認
6)お客様の要望による変更図面作成等

仕事の醍醐味、やりがい

分譲住宅設計の面白さは、魅力的な街づくり・家づくりのために大胆な設計ができるところです。
お客様のご要望を反映していくということは勿論大切ですが、分譲住宅の場合はまず「こんな街でこんな暮らしをしてみませんか」というご提案があり、それにご賛同/ご興味を持っていただいたお客様に対してさらに詳細を詰めていくことになります。なので、お客様に好きになっていただける、興味を持っていただけるようなコンセプトを打ち出すところが難しいところでもあり、同時に大きな醍醐味のひとつでもあります。

 

所属している実施設計は、企画設計から図面を引き継ぎ、詳細の検討や構造計算、細い収まりを確認して図面に起こし、施工を担当する工事部門に引き継ぐのが仕事です。また、現場にも足を運んで、きちんと収まっているかを確認したり、設計図の実現性を職人さんにアドバイスをもらいに行ったりもします。

入社した当初は電卓のメモリーの使い方から教えてもらっているような状況でした(笑)。私は設計に関する基本的な知識も無かったので、法規などは一から自分で勉強をしました。また、実施設計はとても細かい仕事で、少しでもミスがあるとお客様に多大なご迷惑をかけたり、大きな損害に繋がってしまいますので、その辺りの仕事の取り組み方については先輩や上司に色々と教えていただきました。
その後、先輩や上司に見守っていただきながら最初から最後まで一人で担当する案件を増やしながら、無事にお客様へ建物を引き渡す事が出来るようになりました。その時に初めて、独り立ちできたかな、と感じました。 未経験でも受け入れてくれて、フォローしていただける体制が整っていたのがとても助かりました。

『現場感』を掴むことに大変さを感じます。
いつも机の上で設計をしておりますので、現場での収め方や作り方で理解できない部分がどうしても出てきてしまいます。法規などの知識は勉強すれば身につくのですが、現場施工に関しては、どれだけ一人で勉強しても理解できない部分があるので、現場の監督さんや大工さんに積極的に質問することを心がけています。分からないことは素直にわからないと伝え、自分の設計意図を説明し、それをどう思うか等の感想や、他にも良い方法があるのかを積極的に聞いてみると、皆さん喜んで教えてくれます。

作成した図面通りに大工さんがビシッと収めてくれたときは嬉しいですね。現場との打ち合わせが実る瞬間です。 それと、設計した意図の通りにお客様が使っていただいているところを見ると良かったと思いますよ。作り付けの棚や電気配線はかなり細かく設計します。例えば、この場所はフォトフレームを置くところ、この場所は小さめに文庫本を置くところ、もしくは少し大きめのノートを入れるところ等、何を置くかによって高さを設計します。電気配線では、物を置きそうな場所を避けてコンセントやスイッチを配置するんです。
それとは別に、お客様がこちらの想像を超えて、それぞれ工夫して楽しまれているところを拝見すると、大変勉強にもなります。本棚に花を飾っているところとか、そういう使い方があったか!と。


 

お客様に不動産商品を幅広くご紹介し、売りたい人・買いたい人の間を橋渡しするのが売買仲介営業の仕事です。住宅ローン、税務・法律などコンサルティング的な側面も多くあり、お客様に応じたニーズを適切につかみ最適なご提案をする、まさに「不動産のスペシャリスト」と言える仕事です。また、お客様の要望によっては売買だけでなく、注文住宅や分譲住宅、リフォームのご提案をする場合もあり、住宅に関するあらゆる営業に携わることができます。

売買仲介営業の主な仕事

1)営業店での接客
2)訪問・電話・ポスティングによるアプローチ
3)資金計画・ご要望に合う物件の案内
4)新しい物件の調査
5)土地・物件の査定
6)注文住宅やリフォームなど他事業部への紹介

仕事の醍醐味、やりがい

ポラスの不動産売買仲介営業は、グループの総合力を活かした複合的な提案ができることが大きな醍醐味の一つと言えます。
また、家や土地をやむなく手離すといったケースに対応することもあり、様々な人生をコーディネートする仕事ともいえます。お客様と共に困難を解決して成果に結びついた時は達成感も非常に大きいです。

 

土地や中古物件の売買を中心に、注文・分譲住宅、リフォーム工事など不動産に関わることは一通り担当させていただいております。この仕事は、お客様のニーズにお応えするためにどんな商品も取り扱うことができるというのが特徴だと思います。
物件収集、情報収集のために現場に行くことも多いですし、法律関係の知識も必要になってきます。ポラスグループの地域性、他部署との連携などを活用して他社には真似できないような提案を心がけています。

多くの商品を取り扱うので、単純にボリュームが多い、というのは大変ですね。注文住宅や建て売りの分譲住宅、リフォーム、売買に関する法律の知識などを一通り吸収しないといけませんし、ポラスグループの商材の理解も必要です。はじめはそのボリュームに圧倒されますが、業務の幅が広がることがとても楽しく、わくわくしながら仕事を覚えていきました。また、はじめ覚えることが多いと言っても、社内には優秀な先輩が周りにいますので、どんどん質問して吸収できますし、チームプレイで動く体制がありますので、独りぼっちで何も教えてもらえない、ということは無いですね。

ポラスグループの中で、「土地を買う」というのは売買仲介部門ならではのことです。他にも法律上クリアしないといけないことが多いような難易度の高い案件もありますし、お客様によってはこのままでは生活が成り立たなくなってしまうということで、売買によるソリューションが必要になることもあります。様々な課題をお持ちのお客様に対して不動産の売買というフィールドで力になることで、お客様の人生が変わるということもあります。私の持っているノウハウでお客様の人生に大きな影響を提供できるというのは、お金の大小に関わらず大変やりがいのあることです。お客様に心からの感謝の言葉を頂く時は、鳥肌が立つくらい嬉しいですね。


 

リフォーム事業は、住まいの不具合やお客様のご要望に応じたリフォームの提案、施工を行います。
ポラスで住宅を購入されたお客様や他事業でリフォームを希望されているお客様をご紹介いただくケースが殆どですので、ポラスへの期待に応えなければならないプレッシャーは勿論ありますが、同時に達成感も大きい仕事です。
また、お客様のご要望が大規模に及ぶ際には、専門的な知識も必要になります。そういった場合には設計士やインテリアコーディネーターも一緒になって最適なご提案を行います。

リフォーム事業の主な仕事

【営業】
1)お客様にヒアリング
2)家の状態を確認
3)プランの提案
4)ショールームへご案内
5)図面作成依頼
6)工事部門への引継
7)引渡しまでの進捗確認

【設計】
1)営業と共にヒアリング
2)お住まいの確認後、詳細の打ち合わせ
3)図面作成
4)現場監督への図面引継ぎ
5)施工の進行状況に応じた変更対応

仕事の醍醐味、やりがい

新築と異なり、リフォームには数多くの制限があることが多いです。予算や工期、動かせない柱、住む人の要望など、多くの困難が立ちはだかります。お客様が持っている大切な“もの”を守りながら新しい“こと”=生活を創り出す、これがリフォームの仕事です。
また、お客様が生活をしながら工事をすることも多いので、工事中のフォローも欠かせない重要なポイントです。こうした難題をすべて乗り越えて、劇的な変化をお客様と共に目の当たりにする。この時の達成感こそがこの仕事の醍醐味です。

 

 

自社工場で加工したプレカット材を、グループ内はもちろんのこと、工務店やハウスメーカーといった同業他社へ販売するのがプレカット事業です。
ご注文をいただくと、お客様と十分な打ち合わせをして綿密な見積を立てていきます。住宅の基礎である木材を扱う仕事であり、さらにお客様も住宅のプロの方達なので、働いていく中で自然と業界全体の知識が身に付いていきます。
プレカット事業部の受注シェアは、ポラスグループ内からの受注が約10%、残りの90%は同業他社からの受注となっており、プレカット事業部の品質の高さが業界全体に広く認められています。

プレカット事業の主な仕事

【営業】
1)ルート販売、新規法人顧客へのアプローチ
2)販売先の与信管理
3)販売先売掛金回収
4)図面作成、CAD設計部門への図面引継ぎ
5)販売先への納品確認、工事支援

【設計】
1)営業と物件の打ち合わせ
2)CAD図面作成
3)作成データの構造・コスト確認
4)納品後のアフター対応

仕事の醍醐味、やりがい

ポラスグループの中で唯一全国展開している事業で、ポラスの技術で日本中にサービスを展開できるのはプレカット事業ならではの醍醐味です。
また、住宅のプロフェッショナルがお客様なので、技術・知識などは非常に高いレベルを要求されますが、その要求に応えていくうちに様々なノウハウを吸収でき、自分の成長が実感できる仕事です。

 

木造住宅の土台や柱に使う木材の設計を行う部署を管理するのが主な仕事です。業務内容としては、お客様である工務店や大工さんから頂いた図面を元に、専用のCADで入力を行うことですがメインですが、お客様と直接打ち合わせをする機会もあり、顧客接点もある仕事です。また、我々の事業部は、ポラスグループの中で唯一全国に展開しておりまして、プレカット事業においては、日本一の生産量を誇っております。

木造住宅の事はよく知らずに入社しました。木造住宅は専門用語も多く、何のことだかさっぱりわからない中、「なんでそんなこと聞くの?」という事まで先輩に聞いたり、自分でも勉強をしたりして、なんとか仕事をしていました。
しばらく自分なりにもがいていく中で、プレカット事業というものが建物の縁の下の力持ちと言いますか、良い建物を安全に経済的に立てるための非常に重要な役割を担っていることを自覚するようになり、構造設計の奥深さに気が付いてから、面白さもわかりましたし、どんどんのめり込んでいきましたね。

CADの入力だけを続けていると、当たり前のように仕事が流れてきて、決められたレールに乗っかるだけの仕事になってしまいがちです。営業の仕事としては、既存顧客からの注文を受けて設計部門へ引き継いだり、新規顧客に対するアプローチも行います。ハウスメーカーや建材商社、工務店など非常に幅広い顧客がいます。でも、設計は前工程の営業と後工程の製造の間で仕事をしているので、自分たちがただ図面を描くだけでなくその先のお客様に至るまでのことをトータルで意識すると、仕事への向き合い方も、「図面を作る仕事」ではなく「家を作る仕事」に変化してくるのではないでしょうか。

ポラスにはポラスグループの研究所で開発されたオリジナルの部材をはじめ、ポラスでしか提供できない多くのプランやバリエーション対応力も整っているので、自分たちにしかできない物件に関われる事が、ひとつの喜びですね。また、難しい物件や大きい物件に関わり、それがお客様に評価され「無理言ったけど、しっかりやってもらって助かったよ」と感謝して頂いた時は、この仕事をやっていて良かったなと思いますし、率直に嬉しい気持ちになりますね。

営業に関しては、お客様の強みを理解した上でご提案する、ということです。
同業他社様に商品を提供していますので、他の部署とは異なり、お客様のさらにその先にエンドユーザーの方がいらっしゃることになります。ということは、お客様がエンドユーザーに対してより高い価値を提供できるように考える視点が必要になってきます。「お客様のどんなところがエンドユーザーにとっての魅力となっているのか」「お客様は自社のどんなところを強みとしているのか」ということをきちんと理解した上で、ポラスの持っている技術力とお客様の強みを融合できるようなご提案をする。それができれば、お客様も益々ポラスへの信頼を寄せてくださるようになりますよね。


 

入居者の募集、契約・家賃管理、管理物件の修繕・運営を行い、借りたい人と貸したい人の架け橋となるのが賃貸仲介営業の役割です。 広告物や物件情報ひとつひとつに対して印象が明るくなるよう工夫をしたり、お客様に気軽にご来店いただけるような店づくりにも気を配ります。また最近はインターネットからの利用者も多いので、WEB上への情報掲載や更新なども重要な日常業務のひとつです。

賃貸仲介営業の主な仕事

1)営業店での接客
2)物件や周辺環境の調査
3)土地活用部門から引継いだオーナー様の物件管理
4)オーナー様との商談・契約
5)家賃等の管理
6)管理物件の修繕・運営
7)新規管理物件の獲得

仕事の醍醐味、やりがい

賃貸仲介は学生から単身の社会人、ファミリーまで、幅広いお客様がいらっしゃいます。理想の部屋というものは一方で“家賃の壁”もあるため、なかなか簡単には見つかりません。その中で、例えば新築希望のお客様に対して年数が経っていても綺麗なお部屋をご案内して契約に繋がることもあり、様々な希望や条件をクリアしてお客様にご満足いただける提案をすることが、賃貸仲介営業の難しさでもあり醍醐味でもあります。

 

お客様の賃貸のお部屋探しをサポートさせていただくことがメインの業務ですが、私はお部屋の仕入れ業務も担当しております。地主さんですとか、マンションやアパートを所有しているオーナー様を訪問して、アパート建築をお奨めしたり、所有物件の管理を弊社に任せていただけるように営業するのが主な仕事です。また、オーナー様が所有する物件の魅力を引出し、入居をご検討されている方にその物件を決めていたくためのリフォーム等の提案をするのも、仕入れ担当の仕事ですね。

前職では3年間勤めましたが、もっとレベルアップしたいと思いました。
転職を考える方は皆同じだと思うのですが、その時の自分に満足していなかった、つまり満足できる自分になりたくて転職を考えました。不動産業界を選んだのは、前職でもお客様と接する事は好きだったので、特にその部分でスキルアップをしたいと考えたからですね。
仕事の覚え方については、右も左も全くわからない状況で入社しましたが、同じ営業所のメンバーが丁寧に教えてくれましたし、社内研修も充実していましたから、仕事を覚えるのに困ることはあまりありませんでした。一人で飛び込み営業をして、ご契約を頂き、「品川さんありがとう」と個人的にお礼を頂くようになってから、一通りできるようになったかなと感じるようになりました。

やはり、オーナー様になかなか話を聞いていただけないのは辛いですし、話を聞いていただくまでは大変ですね。
どんな方でも、突然営業マンが自宅に訪問してきたら抵抗ありますよね?でも、そこを何とか関係性を良くするよう、努力するわけです。例えば一回目は門前払いだったお客様に、直筆のお手紙をお送りし、二回目に伺った際には「手紙をくれていたね。ありがとう。」と玄関の中まで上げていただいたことがありました。
大変なことではありますが、工夫しながら地道に行動量を増やしていれば成果はちゃんと出ますね。

良い成績を出した時、上司やメンバーに褒めてもらえるのが一番嬉しいですね。ちょっと単純かもしれませんが、一番身近で苦労を知っている人に褒められると、頑張って良かったと感じます。
それと、入居者がなかなか決まらない物件では、魅力を伝えられるように新しい提案を考えて毎週のようにお持ちするのですが、一生懸命提案し続けていると、入居者の方が決まることも多くありますし、オーナー様からは「前の会社はここまでしてくれなかった」とお褒めの言葉をいただいたり、とてもやりがいも感じますね。

賃貸仲介の業務は、「貸したい方」と「借りたい方」の2種類のお客様に対して行います。
「貸したいお客様」へは、いい物件が見つかれば、現地調査を経てその物件を魅力的にご紹介できるように写真を撮ったり周囲環境を調べる等をして、物件の資料を作成します。
「借りたいお客様」へは、それぞれの方に適した物件をご紹介して、契約が決まった後のアフターフォローもしています。

お住まいになられているお客様から沢山のご要望を頂戴します。それらは、エアコンの故障や騒音問題など様々で、その場で対応できるものもあれば、ある程度時間がかかるものもあります。それらを一つ一つクリアしていく必要があるのですが、大切なことは、「お客様といかに信頼関係を築くか」だと思っています。そのために必要なことは、お客様への報告・連絡・相談。ご入居者様にも、アパートオーナー様にもきちんと対応しているつもりでも、少しでも対応をないがしろにしてしまうと「どうなっているんだ」と言われてしまいます。問題そのものの解決をすることはもちろん大切ですが、それよりもお客様との信頼関係を築いて、一緒に問題を解決していこうという姿勢を見せることが満足度向上につながります。

賃貸営業は「クレーム対応が大変」というイメージが強く、不動産業界の中で決して人気のある職種ではありません。確かにクレームは常に起こることですが、そのひとつひとつがお客様と信頼関係を築くチャンスでもあります。多くのお客様にお会いして信頼関係を構築していく中で、賃貸でのお付き合いから売買やリフォーム、相続の仕入れなど、大きな仕事につながっていくことがあり、それが大きなやりがいになります。もっとたくさんの人と出逢って、もっと大きな価値を提供していきたい、そのためにずっと続けていきたいと思える仕事です。


展示場にいらっしゃったお客様以外にも、訪問・電話・ポスティングなどで積極的に営業活動をしていきます。展示場のことを知らないお客様もいますし、実際ポスティングから成約につながるケースも数々あります。「地域密着営業」を掲げるポラスとして、担当地域の「住まいの案内人」として積極的に様々なお客様へアプローチすることが将来の成果につながります。


「お客様との接点は全て営業、設計は営業から聞いた内容を元に、自分の感性でデザインをする」、こんな風に思っていませんか?営業マンがお客様の要望を聞くのは勿論ですが、お打ち合わせの場では設計担当も積極的にお客様とコミュニケーションを取ります。むしろ、家づくりのスペシャリストとしての視点からお客様と話をすることで、お客様が自分で気付いていないような要望を探り出し、設計に反映する。それが設計の腕の見せ所でもあります。


ペナルティはありませんが「達成ありき」の考え方が風土としてありますので、ノルマ達成に至らなかった場合にはしっかりと振り返りを行い、次月に活かせる計画を立てます


配属先や時期によっても変動します。日によってはお客様との商談や、その準備のために3時間を越えることもあります。ポラスではワークライフバランスを推進していますので、短時間で効率的な働き方ができるように人事としても取り組んでいます。

 

▲ TOPへ戻る