社員インタビュー

賃貸仲介営業 ポラスだから
不動産売買から家主交渉、入居者のケアまで
幅広い仕事内容と丁寧な接客が強み

小関 直人

株式会社中央ビル管理

2014年9月入社
北越谷営業所 主事

現在担当している業務について、教えてください

家探しのプロとしてお手伝いする

賃貸物件の募集業務全般を担当しています。
物件探しで店舗までいらしたお客様の対応はもちろん、インターネットへの賃貸情報の掲載、物件オーナー様との家賃交渉や、条件設定の変更・ご相談などのやりとりをしています。
また、入居者から寄せられた騒音などのクレームにも、仲裁に入り問題解決に努めています。
特にオーナー様との家賃交渉については、先方も描いている予算があるなかで、実際の相場価格を理解していただきながら、話をまとめていくのが一苦労ですね。

ポラスへ転職したきっかけとは?

温かい雰囲気が後押しに

実は、私は、学生時代に整体の専門学校に通っていて、その流れで整体師になったんです。ただ、ちょうど部屋探しを経験した時に、「あ、こういう仕事って自分にも向いているかな」と思い、不動産業界に転職しました。その頃、同業界の交流があるサッカークラブに所属していまして、そのクラブで知り合った、ちょうど今の直属の上司に「ポラスへ」と誘われました。

入社前、ポラスの賃貸営業の店舗に行くと、社員さんがみんな温かくてアットホームなんですね。「地域密着」をうたっているだけあって、地元での一人一人の出会いを大切にしている社風がとても良く思えました。それで転職を決めました。

サッカーは昔からやっていたのですか?

趣味から広がった人材交流

学生の頃から続けてきました。週に一度は必ず練習に参加します。お酒をあまり飲まない分、運動の方で楽しくお付き合いさせていただいています。
いろいろな不動産会社から集まったメンバーとも、サッカーで交流しています。それがきっかけで、他社とのやりとりがスムーズになったり、弊社に入社してくる人もいます。よい人材交流の場ですね。

中途から入社されて、どのように仕事を覚えて行きましたか?

手厚い会社のフォローが支えに

前職の不動産会社では、お客さまのご要望に沿ったお部屋を見つけてご紹介するだけでしたが、現職ではより幅広い仕事を任せてもらい、こなしています。これが楽しい。入社後は、入社前の選考担当者との面談を経て、色々とフォローしていただいたので、非常に助かりました。
業務が多種多様な分、飽きはこないですね。

特に、現在の会社では、物件の売買もやりますし、リフォームから賃貸業務という不動産に関わる全ての事を請け負う、グループ唯一の会社だと思っています。他のグループ会社との取引もあり、本当に広いフィールドで仕事を出来る点がポラスの魅力的ですね。

仕事の中で、やりがいや喜びを感じる瞬間を教えてください。

アンケートの声が励みに。丁寧な接客から見えた社風

お部屋を紹介させていただいたお客様からいただくアンケートが、励みになっています。
「こういうところがよかったです」といった感謝の言葉が、仕事をする上で大きな達成感につながっています。

ポラスに入社して驚いたのは、お客様への接し方がとても丁寧なこと。その分、時間もかかりますが、お客様とのコミュニケーションをとても大事にしているのがわかりました。
売上金だけを目標にするのではなく、地域を大切にしようという気持ちが、仕事をする上で大きなやりがいになっています。社員の人柄も仕事に反映していると思いますし、職場もとても明るいですね。

福利厚生、こんな風に利用しています

  • 勤続5年や10年などの節目に授かる「勤続旅行」。
  • 鬼怒川へ行き、家族に大変喜ばれました。
    フットサル大会「ポラスカップ」に参加。
    グループ各社から有志チームが集い、優勝を目指して競います。昨年優勝し、チームの結束もより強固に。仕事上でも、スポーツで築いた円滑な人間関係が役立っています。