この地域に存在する企業としての使命
募集職種一覧
応募前相談とは

この地域に豊かな暮らしを提供する使命

社訓のひとつに「立派な社会人が立派な社員」と謳われているように、ポラスグループは地域社会との繋がりを特に大切にしています。地域の活性化や魅力ある街づくりのための文化活動を大切に考え、積極的な社会貢献活動を行っています。

これらの社会貢献活動により、結果として社内でのコミュニケーションが活性化して仕事にも好影響を与えることも多く、また、地域のイベントは家族ぐるみで参加できるものも多いので、ご家族の方にも大変喜ばれています。


ポラスグループの拠点となる埼玉県越谷市の夏の一大地域イベントが「南越谷阿波踊り」です。この南越谷阿波踊りは、創業者である中内俊三の、地域の皆様への恩返しと、地元の越谷を“ふるさと”と呼ぶにふさわしい魅力ある街にしたいという願いを込めて始まりました。

この呼びかけに地元をはじめとする様々な関係者のご賛同、ご尽力を頂くこととなり、今では60万人近くの人たちで賑わい、日本三大阿波踊りのひとつに数えるほどの規模にまで成長しました。また踊りの後には、踊り手も一緒になって街の清掃を行うことにより、踊った後の街が美しくなるのが特徴の一つでもあります。 ポラスグループでは、阿波踊りが始まって以来、この南越谷阿波踊りを社員全員(2000名余り)で全面支援しています。

老人ホームなどへの阿波踊りによる慰問

南越谷阿波踊り支援の経験を活かして、ポラスグループの社員などで構成する阿波踊りの有志メンバーで、老人ホームなどへの阿波踊りによる慰問などを行っています。
また地元小学校へ阿波踊りの踊り方の指導を行うなど、地域密着企業ならではの地域に根ざした活動を行っています。

 

 

ポラスグループは、南越谷阿波踊り以外にも、この地域への恩返しや安心して暮らせる街づくりのために、様々なイベントを提唱・開催しています。ただ家を建てるだけではなく、地域の皆様やお客様の豊かな暮らしをつくることがポラスの使命だと考えています。

ママさんバレー開催

地域社会の一員として、地域文化の育成のためスポーツの振興を行っています。
「ポラスカップママさんバレー大会」は越谷・松戸で毎年年1回、それぞれ2日間にわたり60チームずつものママさん達にご参加いただいています。 ポラス自らが運営に関わりコミュニケーションをとることで、地域の大会として定着し、参加者からも好評を得ています。

 

地域の小学校への安全指導 ~KYT(※)授業~

安全教育の一環として、地域の小学校へ出向き安全指導も行っています。 例えば実施のテーマを「学校の下校中にある危険を考えよう」とし、イラストを見てそこにひそむ危険要因を見つけ、自分たちで行動目標を立てることで身近な危険を意識し、安全な学校生活を送れるように指導しています。

(※KYT:危険予知トレーニングの略)
 

夏休み親子工作教室などの開催

ポラスグループ社員の大工が指導し、毎年開催している夏休み親子工作教室。毎回親子連れの参加でにぎわい、参加者からは「夏休みの宿題ができた」「親子で一緒に手づくりができて楽しかった」と大好評です。

 

入居者イベント

入居したお客様達に向けて、芋堀りや、寄せ植え教室、ビンゴ大会・餅つき・小物販売会などの様々なイベントを実施しています。 右の写真は「オランジェ吉川美南」でのイベント。作成したモザイクタイルを、分譲地内のフットパス(果樹の路)に入居者の皆さんと一緒に貼り込んでいきました。
ただ作業するだけでなく、子供たちで遊んだりご近所さん同士で話し合ったりすることで、ワークショップの回を重ねるごとに住民の皆さんの親交が深まっていくような仕掛けを行っています。  

 

 

地域イベントは、有志の方が手を挙げて自ら参加しています(南越谷阿波踊りは、基本的には皆さんに何らかの形でご協力いただいています)。自分に合った活動を選び、それぞれが充実感を持って活動しています。


これらの社会貢献活動は、一見すると仕事と関係ないように感じるかもしれません。しかし、地域イベントでお客様と交流を深めることでその後の商談が進んだり、あるいは地域イベントで出会った方が後々お客様になったりと、地域に根ざして事業をするポラスにとっては非常に重要で、また、仕事にも密接に関係してくる大切な活動なのです。

 

▲ TOPへ戻る