ポラスの教育・研修プログラム
募集職種一覧
応募前相談とは

ポラスの教育・研修プログラム

ポラスグループには綿密に考えられた昇給制度と、未経験の方でも安心してその階段を着実に上っていくための研修・教育プログラムが整っています。

職位に応じた「階層別教育」、プロフェッショナルコースとマネジメントコースに分かれた「キャリアコース教育」、自分自身で必要に応じて受講できる「選択型教育」等があります。


 
ポラスグループ教育・研修プログラム

階層別研修は昇格の前後に行う研修で、昇格する際の心構え、必要な知識・スキルなどを身につけるために行います。昇格するために必要な研修ですので、受講する方は気持ちを新たに、強い意欲を持って研修に臨みます。

例)
中堅社員基礎研修:主任昇格候補者が対象。中堅社員としての立場・役割・責任を理解する研修。
管理者基礎研修:係長昇格候補者が対象。管理職として必要な心構えやマネジメント手法を学ぶ研修。


キャリアコース別教育には、プロフェッショナルコースとマネジメントコースがあります。入社時に面談をしてその方のキャリアや経験に応じてキャリアコースを選ぶ事ができます。

プロフェッショナルコース

営業力強化研修
若手営業社員が対象。優秀な営業社員の行動特性から高い成果を創出するためのスキルや姿勢を習得する研修

設計勉強会
ポラスのデザイン力・ブランド力向上のため、研究所が主催。実例からデザイン・施工などの知識の共有と方向性を学ぶ

社外出向制度
専門分野に精通した他社に出向し、就労・実務体験を通じて専門分野の更なる掘り下げと新たな視点や見識を養う制度

マネジメントコース

選択型次世代リーダー研修
次代の経営幹部候補生を社内で選抜し、経営に必要な知識・スキルの習得と新たなビジネスモデルの創出やイノベーションのリーダーを養成する

評価者マネジメント研修
評価者の役割・使命の理解を促進し、日常のマネジメント活動の一環として効果的な人事評価を行うための知識・スキルを習得する研修

リーダーシップ開発研修
組織リーダーとしての行動特性を360度サーベイにより点検し、より効果的なリーダーシップ行動を習得する研修


選択型教育は、他の研修プログラムとは違って自分で何をどれだけ受講するか選ぶことのできる研修制度です。実際に講義を受けにいく「ユニット講座」とパソコン上で受講できる「eラーニング」の2種類があり、多くの分野を学ぶことが可能です。

ユニット講座

経験抱負な講師に学ぶ、実務スキルアップのための様々なプログラムを用意しています。
・ローン
・ファイナンシャルプランニング
・財務、キャッシュフロー
・木構造
・etc.

eラーニング

パソコンで受講する通信型の講義です。好きな時間に、自分が伸ばしたい分野についてスキルアップすることができます。
・営業力強化
・マネジメント学習
・建築知識
・コミュニケーションの取り方
・etc.


ポラスグループでは、家づくりに関わるさまざまな公的資格の取得を社内外講師による定期的な勉強会の開催により、積極的にサポートし、より専門的な知識をもったスタッフが対応しています。宅建においては社員の約3.5人に1人、建築士(1・2級)は4人に1人が有資格者となります。

取得資格

・一級建築士(190名)
・二級建築士(334名)
・宅地建物取引主任者(613名)
・ファイナンシャルプランナー(46名)
・インテリアコーディネーター(55名)
・日商簿記一級(11名)
・日商簿記二級(129名)
・建築大工技能士一級(18名)
・建築大工技能士二級(123名)
(2012年6月現在)


主任・係長に昇格するにあたって、その前に「中堅社員基礎研修」「D2P訓練」「管理者基礎研修」といった研修を受けていただきます。業務の原理原則や、チームマネジメントの基礎などを学ぶプログラムが用意されています。また、公的資格の取得でキャリアアップが図れる様サポートしています。


階層別教育、キャリアコース別教育に関しては全て業務時間の中で調整をして実施する研修です。選択型教育は自分で受講する講座を選んで更なるステップアップをするためにご用意している研修ですので一部のユニット講座およびeラーニングに関しては、就業時間外(eラーニングは自宅学習が可能)で受講できるものを選んで受けていただくことになります。


業務に直結する住宅関係の資格は勿論高い評価の材料となりますので、資格をお持ちの方は積極的にアピールしてください。現時点で資格を持っていなくても、入社後に仕事をしながら資格取得に励む社員も大勢います。


「ポラス推奨資格」として取得を推進している資格が100程度あり、“建築士”や“宅地建物取引主任者”など業務に直結する資格には取得後の一時金や毎月の手当として支給されるものがあります。また「コミットメント制度」を活用することで試験前の特別休暇や、合格お祝い金を享受できます。

 

▲ TOPへ戻る