お知らせ一覧

銀行選び住宅ローン全般

2021年10月15日

上半期 提携ローン申込件数ランキング

2021年3月21日~2021年9月20日の6ヵ月間で、

ポラスのローンコンシェルジュでは、約2,350件

住宅ローンのお申込みをサポートさせて頂きました。

 

また、こちらのローンホームページへは74件のお問い合わせを頂きました。

多くのご相談を頂き誠に有難うございました。

 

※銀行ローンとフラット35、どちらを利用しているお客様が多い?

では、住宅ローンを組んでいるお客様のうち、どのくらいの方が銀行ローンを利用し、

どのくらいの方がフラット35を利用しているのでしょうか?

ポラスのお客様では、銀行ローンが約2,210件、フラット35を利用する方が約140件となっています。

データ上は、ローンを組む方の約95%が銀行ローン、約5%がフラット35となっており、

圧倒的に銀行ローンが多くなっています。

2020年度1年間のフラット35申込の割合は8%でしたので、銀行ローン利用の割合が更に高くなってきております。

【ポラス提携ローン申込件数ベスト5】

              (2021年4月~9月度実績)

 

銀行ローンは、変動金利や期限付固定金利(10年固定等)、全期間固定金利など幅広い金利商品があります。

原則として団体信用生命保険は加入が必須で、保険料は金利に含まれる形式になっています。

また、金利を上乗せすることで、ガン保障付団体信用生命保険、

三大疾病付団体信用生命保険等に加入することも出来ます。

(※団体信用生命保険の加入には、保険会社の審査があります)

 

フラット35は、全期間固定金利の商品です。団体信用生命保険加入は任意となっております。

(※団体信用生命保険に加入しない場合は、金利が低くなります)

 

銀行ローンとフラット35とで、それぞれ審査基準が異なります。

もちろん、各銀行ごとでも審査基準やローン商品の特徴は異なります。

希望の金額が借りられる銀行が限られてしまうというケースもあります。

 

大切なことは、それぞれのローン商品の特徴を理解し、

自分に合う住宅ローンを選ぶことです。

 

我々ローンコンシェルジュは、お客様の状況やお考えを伺ったうえで、

それぞれの特徴をお伝えし、最適なローン商品選択のサポートを行っています。

 

住宅ローンのことでお困りのことや不安なことがございましたら、

お気軽にポラスのローンコンシェルジュまで、ご相談ください。

前のページへ

次のページへ

より詳細のシミュレーションを希望される場合は専門スタッフにご相談ください。
お客様に最適のローンをご提案いたします。

最適なローンを相談する


PAGE TOP