ララポラス 2020春号
10/20

マネーと暮らしのお役立ち情報について社員が解説するコーナーですLifestyleMoney&“売る”から“蓄える”へ。太陽光の新常識!湯井 健太郎岡田 裕成第一エネルギー設備営業課10電気代の高まりは“気のせい”じゃない? 私たちの暮らしに欠かせない、電気。昨今、デジタル化に伴う身の回りの電気設備・家電製品の増加から、一世帯当たりの電気代が上昇傾向にあることをご存知ですか? そんな今だからこそ、「自分たちで使う電気は自分たちで!」という意識が広まっており、“自家発電”して“自家消費”する家庭が増えています。太陽光で“もしも”に備えよう これまでは、太陽光パネルで発電した電気を室内で使用し、余った電気を電力会社に売るのが一般的でした。しかし、電気代の上昇や、電力会社への売電価格の低下※を受け、余った電力を蓄電池に蓄え、自家消費することで電力会社からの供給量を減らすメリットに注目が集まっています。さらに、電気をより有効に活用するべく、ガスコンロや給湯器を一新し、オール電化にするお客様も増えています。 地震や台風などの自然災害が頻発する中、自宅に電気を蓄えておける蓄電池は、非常時にも生活をサポート。電力を使い切っても翌日には再び充電できるため、数日間にわたる活用も可能です。 ハウスメーカーであるポラスでは、お客様に安心して太陽光パネルを導入いただくために、設置前には構造計算または耐震診断を実施。また、お客様にとってのメリット・デメリットははっきりお伝えしています。太陽光発電や蓄電池に関するご相談がありましたらお気軽にご連絡ください!太陽光発電・蓄電システム戸建ローンOKパワーステーションS(壁掛けタイプ)蓄電池ユニット平常時も停電時も太陽光発電システムの電気を有効活用したい方に最適です。※太陽光発電システムを設置してから10年以上経過したお客様は、固定価格買取制度が終了し、電力会社との個別の売買契約となります。※メーカー調べ太陽光パネルのみ太陽光パネル+蓄電池蓄電池作った電気買う電気買う電気作った電気66%40%34%余った電力を蓄電池に蓄えて使えます。まずはお見積もりをご依頼ください。価格商品番号 260%60%

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る