ポラス社員のレッズ応援ブログ ポラス社員が綴る、愛するレッズの応援記録

こんにちは!RED POLUS STARのせっきーです!
RPS発足以来、初めてのアウェイ遠征に行ってきました~!

左:POLUS×REDSバス  中央:アウトレットと牛久大仏  右: スタジアム外観

 

総勢37名でダイヤモンド観光バス様の『POLUS×REDSバス』をチャーターし、南越谷を出発。
途中、アウトレットに寄って腹ごしらえをし、牛久大仏を横目に見ながら、鹿島サッカースタジアムへ向かいます。

バス下車後、フラッグを掲げて敵地に乗り込むRPSメンバー

那須選手が累積警告で欠場のため、ここ最近当たっている(?)4-3-2-1の布陣で臨みました。

試合は早々に動きます。前半3分、スローインをつなげず、相手にボールが渡ると、
ショートカウンターから右サイドをきれいに崩され、中央に流れてきた遠藤選手にシュートを打たれ、失点…。

しかし、その直後の6分、今度はレッズが左サイドから梅崎選手⇒中央の武藤選手
⇒前線へ抜け出した宇賀神選手とつなぎ、
最後はマイナスのボールをゴール前に走り込んできた高木選手がゴールへ流し込み、GOAL!!
すぐさま同点に追いつく爽快な展開!

両チームともファーストシュートが得点につながるという珍しい立ち上がりでしたが、
さらにその後の劇的な試合展開を誰が予想できたでしょうか?

レッズは球際で勝てず、セカンドボールをことごとくアントラーズに拾われます。
1-1で前半をしのぐも、後半も一方的な試合展開が続きました。
後半に入って3-4-2-1のいつもの布陣に戻し巻き返しを図るも、チャンスはアントラーズの方が上回っていました。

劣勢の中、迎えた後半27分、左サイドから宇賀神選手がクロスを上げるも、
相手選手の足に当たり、大きくロビングしたボールになります。
それを相手GK曽ヶ端選手が悠々とキャッチ、と思われましたが、まさかのファンブル…
そのこぼれ球を興梠選手が押し込み逆転GOAL!

試合終了後のスタジアム

その後も何度となく攻められるも、DF陣の粘りと西川選手のスーパーセーブで耐えしのぎ、
2-1で勝利を納めました!
試合後のスタッツを見ると、レッズがシュート10本に対し、なんとアントラーズが27本!!!
これはレッズのクラブ史上初の被シュート数だったそうです。

試合内容はさておき、本当に気持ちの入った良い試合でした。
あとはこの気持ちをさらにプレイに活かしてもらいたいと思います!

RPSの初遠征は、記録にも記憶にも残る名(?)勝負でした。
縁起の良い会になりましたので、来年もどこかのアウェイに参戦予定です!



さてさて、話は変わりましてレッズレディースは、
9/27にレギュラーシリーズの最終戦をアウェイでINAC神戸と対戦しました。

INAC神戸は勝てば文句なしで優勝、という状況でしたが、結果は0-0のスコアレスドローで引き分け、
レッズは勝ち点1を上積みするも6位確定。他会場の結果で、日テレベレーザが勝ち逆転優勝。
レッズレディースは目の前での優勝を阻止することができました!

本当にサッカーは何が起こるか分かりません。
トップチームはこれからFINAL5へ、レディースは年間優勝をかけてエキサイティングシリーズに入ります。
苦しいときこそ我々のサポートで、選手を支えましょう!

We are REDS!

◇◆—— 秋の街並み見学会 開催中!もれなくクオカードプレゼント♪ ——◆◇