ポラス社員のレッズ応援ブログ ポラス社員が綴る、愛するレッズの応援記録

こんにちは!RED POLUS STARのせっきーです!
7.26に埼玉スタジアムで開催された「埼玉国際ジュニアサッカー大会2015」の決勝を観戦に来ました。

今年で14回目となったこの大会ですが、初めて観戦に訪れました。
実は、今のレッズにもこの大会を経て成長し、活躍中の選手がたくさんいます!
2001年 山田 直輝選手(湘南レンタル)、阪野 豊史選手(栃木SCレンタル)
2003年 高木 俊幸選手
2004年 岡本 拓也選手
2005年 矢島 慎也選手(岡山レンタル)
2007年 関根 貴大選手
2008年 斎藤 翔太選手
また、レッズOBの原口元気選手(ヘルタ・ベルリン)や他クラブでは柴崎 岳選手(鹿島)、
宇佐美 貴史選手(G大阪)、宮市 亮選手(ザンクトパウリ)なども参加しています。
全24チームによって争われる大会で、うち8チームが海外からの招待です。
ジュニア世代の選手にとって海外のチームと対戦できる貴重な機会となっています。
将来のREDSを背負ってくれる選手がいないか期待に胸が膨らみます!

決勝のカードは、『埼玉県南部対埼玉県東部』。
埼玉県南部は中国と熊本県を、埼玉県東部は千葉県とさいたま市をそれぞれ下しての決勝となりました!

結果は、埼玉県東部が直接FKでゲットした先制点を守りきり優勝!
埼玉県東部選抜の皆さんおめでとうございます☆

チャンピオンに贈られる優勝カップ!

手に汗を握る熱い試合でした!ぜひ将来は浦和レッズへ!
表彰式にはプレゼンターとして横山謙三氏や、練習を終えたばかりの岡本拓也選手がいらっしゃいました!

 

さて、肝心のレッズはアウェイ名古屋グランパス戦で1ー2の敗戦。
試合前に選手が口を揃えて、「次の試合が大事」と言っていましたが、
2試合連続の逆転負けという悪い結果となってしまいました。
ここ5試合で、2勝1分2敗の勝点7。(つまり8点を落としています。)

同じような失点シーンが何試合も続いているので、フレッシュな選手も見てみたいですね!
また、嫌な流れを断ち切ってくれるヒーローは誰でしょうか?

次節は東アジア杯の中断前ラスト、7.29ヴァンフォーレ甲府戦です。
夏の連戦。厳しい日程ですが、苦しい時こそサポーターの力で支えましょう!

We are REDS!

 

*——めざせ年間V!レッズ応援キャンペーン開催中!——*