ポラス社員のレッズ応援ブログ ポラス社員が綴る、愛するレッズの応援記録

こんにちは!RED POLUS STARのせっきーです!

6/9に行われたルヴァンカッププレーオフステージ第二戦を終えて、
浦和レッズの2018シーズンの前半戦が終了いたしました。
今シーズンはワールドカップが開催されるため中断期間があり
2/24から約100日ほどで計24試合をこなす、変則日程となりました。
単純計算で実に4日に1回試合をこなしていることになりますので、
選手のコンディションは例年以上に厳しいものだったと思います。
(しかし他クラブも同じ環境ですし、 最初から分かっていたことなので言い訳はできませんが)

さて、前半戦を終えての全成績は…
24試合で10勝6分8敗 26得点 21失点

守備は改善されましたが、得点が大きく伸び悩みました。
特に無得点の試合が『9試合』という厳しい状態です。
その原因はチーム内の得点者を見るとより明らかになります。
得点者は…

興梠選手…11点
荻原選手…2点
武富選手…2点
李 選手…2点   その他、8選手が得点1。

2得点の選手が3名いますが、いずれもルヴァンカップの得点のみ。
エース興梠選手が孤軍奮闘していることが、よーく分かります。
中断期間では攻撃面でのてこ入れに期待しています。

後半戦は最大24試合を約170日間で戦うことになりました。
今のクラブにとって最大の目標であろう「天皇杯」が中断明けの7/11に迎えます!
試合の少ないアドバンテージを前向きに捉え、
これからの巻き返しに期待しています!

We are REDS!

*——————————— ポ ラ ス か ら の お 知 ら せ ———————————

\  来てオトク、見てナットク!『体感すまいフェア』実施中!   /
\ 来場予約で豪華プレゼントがもらえる♪他にも特典いろいろ/

>>ポラスで住宅を購入・施工・売買仲介・リフォーム・賃貸されたお客様から『生の声』が届きました<<


レッズサポーターの
お客様インタビューを掲載中!

こんにちは!RED POLUS STARのせっきーです。
天皇杯の初戦、Y.S.C.C.横浜戦に行ってきました!

過去にも辛酸をなめてきた大会だけに、この試合が
カテゴリーの違う格下相手の難しい試になることは分かっていました。

失うものは何もない、と言えば良いのでしょうか?
立ち上がりから思い切りの良い、歯切れの良いプレーを見せたのはY.S.C.C.横浜でした。
そのような相手に対し、レッズは消極的なプレーが続きました。
しかし、オウンゴールで先制すると、更にPKで追加点を奪い
劣勢の試合展開の中、前半を終えて2-0。
本当にサッカーは結果がどうなるか分かりません!

スコアは2-0のまま迎えた90分。
武藤選手のミドルレンジからのシュートが相手DFに当たりこぼれたところを、
途中出場の山田直輝選手が詰め、相手GKの動きを冷静に見定めGOAL!
試合は3-0で勝利し、3回戦の松本山雅FC戦へ駒を進めました。

帰ってきた“浦和のハート”山田直輝選手。
次は埼玉スタジアムでその雄姿を見せてください!

そして週末にはルヴァンカップのプレーオフステージ第2戦が控えています。
2点のビハインドをひっくり返す逆転劇を観に行きましょう!

We are REDS!

*——————————— ポ ラ ス か ら の お 知 ら せ ———————————

\  来てオトク、見てナットク!『体感すまいフェア』実施中!   /
\ 来場予約で豪華プレゼントがもらえる♪他にも特典いろいろ/

>>ポラスで住宅を購入・施工・売買仲介・リフォーム・賃貸されたお客様から『生の声』が届きました<<


レッズサポーターの
お客様インタビューを掲載中!

PAGE TOP