社員インタビュー

施工監理 ポラス品質を維持するために
施工・安全管理の面から家を見守り続ける

堀井 大輔

ポラテック株式会社

2007年4月入社
木造住宅事業部 工事部
埼玉北工事課 越谷工事係 チームリーダー

現在担当している業務について、教えてください

一日3現場、欠かさない厳重管理

現場監督として。新築工事の施工管理が主な業務です。高品質な建物を、お約束した工期で協力業者の安全も確保しながら工事を進め、定期的に工事の進捗や変更確認などをお客様とお打合せしながら管理し、結果、高いご満足を頂けるよう努めています。
工事計画通りに進行しているかを協力業者からの報告を受けながら現場を巡回しています。

なぜポラスを選んだのですか?

同業にいたからこそわかるポラスの魅力

ポラスの住宅が、個人的にとても魅力的だったからです。構造、デザインが洗練されていて、それでいて制限のない、無限大の可能性を感じるというか。分譲・注文にかかわらず、強いこだわりを感じさせる建物にとても惹かれました。

同業種だった前職では、分譲住宅のみ扱っていました。ポラスで扱う注文住宅は、お客様と請負契約を結んで、ゼロから一緒に作っていく仕事。こだわりのある物件を、スタートから築き上げるのは、すごく素敵だなと思いました。

前職と現職の違いで苦労した点はありますか?

壁のない職場、スムーズな三位一体

ポラスに転職した当初、周りはほとんど新卒採用の方ばかりだったので、中途採用で入社した私は、戸惑いがありました。最初はなかなか溶け込めませんでしたが、会社側で研修を多く設けてくれたり、先輩方が心配してたくさん声をかけてくれて。気が付けば「ポラス人」として、すっかりなじんでいましたね。

しかも、今の事務所(新社屋:ウッドスクエア)は、隔たりがなくフロア全体が見渡せるようになっています。そのため、営業・設計・工事などの部署を越えたやりとりがあり、仲良くできているのがありがたいですね。他部署と三位一体でスムーズに協力できることは、お客さまに良いものを提供することにもつながりますから。

中途から入社して、どのように仕事を覚えていきましたか?

教育体制の徹底

ポラスは研修の多い会社なので、仕事のノウハウや仕組みなどを学べる機会がたくさんありました。また、年代の近い同僚がたくさんおり、先輩方も直接声をかけてくれる方たちが多かったので、ここまでやってこられたのだと思いますね。

やりがいや喜びを感じるのはどのような時ですか?

現場監督だけが味わえる“聖域”

物件の引き渡しのときに、お客様から直接お礼を言われたり、感謝のお手紙をいただいたりすると、また次も頑張ろうという気持ちになれます。
また、現場監督という立場上、これまで200軒~300軒ぐらいの住宅を見てきましたが、最終的なクリーニングを済ませた引き渡し前の物件に、誰よりも早く入れるのがいいですね。

ある物件の着工のあいさつで近隣を回った時、ポラスの良い評判を聞いたり、「頑張ってください」とお声がけいただいたこともあります。地域の方に深く根ざしているのが実感できて、会社を誇りに思うことが多いです。