社員インタビュー

賃貸仲介営業 賃貸物件探しのお手伝いから入居者のサポート
物件オーナーの対応などを手掛ける地域の明るい窓口

日下部 麻尋

株式会社中央ビル管理

2014年4月入社
東浦和営業所

現在担当している業務について、教えてください

納得の一室を探すお手伝い

ご来店されたお客様に対して、賃貸のお部屋探しのお手伝いをします。また、私たちの管理している物件のオーナー様のご対応、私たちの物件にご入居いただいているお客様のサポートが主な業務です。
土日の出番も多く、大体1日に3、4軒ほど現地をご案内します。
最近はWebからの問い合わせも多いので、いらっしゃったお客様からどんどん対応させていただいています。

ポラスへ転職したきっかけとは?

希望通りの職場に配属

学生時代ひとり暮らしを始める時に、お部屋探しのお世話をしてくれた窓口の方を見て、この仕事に興味を持ちました。前職も同業界だったのですが、ポラスへは当時の先輩が先に転職していて、あとからご紹介いただきました。私自身、埼玉出身でもあり、前職でポラスとの付き合いもありましたので、もともとポラスのことは知っていました。

中途採用の面談のとき、現在の中央ビル管理という会社に入りたいと希望したのですが、その通りに配属してもらえてよかったです。入社後は、ポラスグループの会社や、ポラス自体の商品について学ぶ機会もあり、経営理念や企業精神などにも触れることができました。すごく勉強になりましたね。

やりがいや喜びを感じるのはどのような時ですか?

期待通りの部屋を探せた満足感

賃貸のお客様が契約してくださったときや、ご案内した物件を「いい部屋ですね!」と喜んでくださった時、一番やりがいを感じますね。特に、契約更新の際や、お客様の結婚の機などそれぞれの節目で、再度ご指名いただいたときは、とてもうれしくて。この仕事をやっていて本当によかったと思いました。
音楽が趣味なので、音楽の話でお客様と盛り上がるのも楽しいですね。

また、お住まいになられているお客様から沢山のご要望を頂戴します。それらは、エアコンの故障や騒音問題など様々で、その場で対応できるものもあれば、ある程度時間がかかるものもあります。それらを一つ一つクリアしていく必要があるのですが、大切なことは、「お客様といかに信頼関係を築くか」だと思っています。そのために必要なことは、お客様への報告・連絡・相談。ご入居者様にも、アパートオーナー様にもきちんと対応しているつもりでも、少しでも対応をないがしろにしてしまうと「どうなっているんだ」と言われてしまいます。問題そのものの解決をすることはもちろん大切ですが、それよりもお客様との信頼関係を築いて、一緒に問題を解決していこうという姿勢を見せることが満足度向上につながります。

現在の職場の雰囲気を教えてください。

休みが取りやすく居心地の良い職場

現在の営業所には、スタッフ3名と勤務していますが、コミュニケーションはよく取れていますし、お店自体も全面ガラス張りなので、広くて明るくて、雰囲気はとてもアットホームですね。
営業所には女性スタッフも多く、先輩方にも良くしていただいています。
東浦和のスタッフだけでなく、他営業所の仲のいい先輩方とも飲みに行ったりして楽しく過ごしています。

なによりも、休みがとりやすい会社だと思います。有給休暇はこれぐらい取りましょうと、常々お店でも声をかけあっていますから。女性だと出産後、復職した際に使える時間短縮制度(以下、時短制度)もありますので、制度を利用しながら勤務している方も多いですね。
女性だと、今後結婚と仕事、どちらを選ぶのかという問題がどうしても出てきますよね。そのときに今の職場なら不安はないです。お子さんがいらっしゃる方も、育児休暇取得、職場復帰、時短制度利用という形で、無理なく両立しているので、その意味では、長く働ける会社だと思っています。

福利厚生、こんな風に利用しています

  • 勤続旅行を目指して日々頑張っています。
  • 休みもとりやすく、有給休暇を積極的に取らせる仕組みもあるので助かっています。