お知らせ一覧

団体信用生命保険諸費用

2016年7月14日

団信情報③ ガン団信について

銀行にて住宅ローンを組む際には、団体信用生命保険いわゆる「団信」に加入を義務付けられます。 ※フラット35は加入が任意となります。 しかし、最近では「団信」のなかにも様々なタイプの団信があります。 それが「ガン団信」、「3大疾病」、「8大疾病」などの特約保証付きの「団信」です。 各金融機関も様々な商品をだしています。 最近、住宅ローンを組まれるお客様から「団信」について、問い合わせや質問を多く受けます。 今回は、この中で「ガン団信」(ガン保障つき団信)を簡単にご説明いたします。 いわゆる通常の「団信」では、一般的に死亡または規定にある高度障害にかかった場合に 住宅ローンの残高が無くなります。 しかし、ガン団信では、ガンと診断されたら住宅ローンの残高が無くなるというものです。 ※但し各保険会社によりガンの内容が異なります。 日本人の死亡原因で多くを占める「ガン」に対する特約は、 長い期間返済する住宅ローンにおいては、不安要素を減らす一つです。 この「ガン団信」の加入には、保険料負担のために金利が高くなる金融機関もあれば そのままの金利で利用できる金融機関もあったりといろいろなパターンがあります。 お客様が住宅ローンを組まれる際に不安を抱く要素は様々です。 お客様の要望にかなった金融機関選びのため、 ポラスのローンコンシェルジュへご相談ください。 ポラスグループ提携金融機関よりお客様に最適な提案を行っています。


前のページへ

次のページへ

より詳細のシミュレーションを希望される場合は専門スタッフにご相談ください。
お客様に最適のローンをご提案いたします。

最適なローンを相談する


PAGE TOP