お知らせ一覧

その他住宅ローン全般

2017年11月24日

2017年度は住宅の買い時!?

<買い時のポイント>

①消費税増税

マイホームを購入する際には、土地価格と建物価格がかかってきます。

このうち土地価格は非課税なので、建物価格が消費税増税の影響を受けることになります。

 

②住宅ローン金利が低水準

③今後、住宅ローン金利が上がると予測される?

住宅金融支援機構の調査(平成29年度における住宅市場動向について)では、

ファイナンシャルプランナーの方が買い時と回答した理由として、

「マイナス金利政策の導入後、住宅ローンの金利が一段と低下している為、

今後住宅ローン金利が上がると思う」という意見が増えていることが分かりました。

一般消費者の方が買い時と回答した理由で、

「今後住宅ローン金利が上がると思う」という意見は全体の30%に留まっています。

住宅購入を検討する方々は、少なからず今後の住宅ローンの金利変動リスクを懸念されていると思われます。

仮に・・・金利が1%から2%に上昇した時の毎月の返済額差は、

 

④住宅ローン控除・すまい給付金・贈与税非課税措置 等の優遇税制がある

マイホームを購入すると、新居に合わせて電化製品や家具等を購入される方も多いため、

住宅が売れると景気に好影響があると言われています。

この好影響を考慮して、国も充実した施策を行っているのです。

 

⑤資材価格、人件費の高騰により物件価格の上昇が予想される

 

我々ローンコンシェルジュは、

お客様のローン選択のご参考になる情報提供や資金計画のご提案等のサポートを無料で行っております。

ポラスグループでご契約頂いたお客様はもちろん、住宅購入を検討されているお客様からのご相談もお待ちしております。

住宅ローンのことでお困りのことや不安なことがございましたら、お気軽に

ポラスのローンコンシェルジュまで、ご相談ください。

 

 

前のページへ

次のページへ

より詳細のシミュレーションを希望される場合は専門スタッフにご相談ください。
お客様に最適のローンをご提案いたします。

最適なローンを相談する


PAGE TOP