マンション・アパート等の集合住宅オーナー様向け検査サービスのご案内

 
集合住宅オーナー様向け検査サービスのご案内
 
マンション・アパート等の集合住宅オーナー様向けの検査サービスです。
建築基準法や消防法で定められた法定検査の他、現在の建物の状態を調査し、必要なメンテナンス提案を行うサービスもあります。
 
ハウスドクター阿子島
 
 
特殊建築物等定期調査(建築基準法)   建築設備定期検査(建築基準法)   消防設備点検(建築基準法)   防火対象物点検(建築基準法)   住まいの健康診断(アパート)   ポラスの耐震診断    
 
 
消防設備点検(消防法)
  建築物の所有者・管理者は、消防用設備を正しく設置し、適正な維持管理を行わなければなりません。
消防設備点検風景1
 
消防用設備等及び特殊消防用設備等がいざというときにその機能を充分に発揮するために、半年に一度、点検をすることが義務化されており、3年毎に消防長または消防署長に報告をしなければなりません。
消防法では、マンション・アパート等の共同住宅を、消防用設備等の設置が義務化された防火対象物として指定しております。消防用設備等はいついかなる時でも確実に作動する必要がありますので、半年に一度、点検をすることが義務化されており、3年毎に消防長または消防署長に報告をしなければなりません。
この報告を怠ると30万円以下の罰金又は拘留に処せられます。
住宅品質保証(株)では、点検及び報告書の提出をオーナー様にかわって実施しております。
(※消防長又は消防署長への報告期間は建物の状況により異なります。)
消防設備点検内容 (一部)
 
消火器機能点検
誘導灯、誘導標識点検
火災警報設備加熱、加煙試験
消火栓点検  など
消防設備点検費用:
¥12,000(+消費税)
  消防設備点検風景2   消防設備点検風景3   消防設備点検風景4   消防設備点検風景5
 
新築住宅建築主様
向け検査サービス
|
ポラスの新築物件の
検査サービス
|
戸建住宅居住者様
向け検査サービス
|
戸建住宅の耐震性を確かめ
たい方向け検査サービス
|
中古物件購入者様
向け検査サービス
|
ポラスの住宅
検査サービス
   TOPへ戻る▲