スペース

フラット35適合検査、適合証明書発行 | 中古物件購入者様向けの検査サービスのご案内

枠線 枠線 枠線
スペース
スペース
スペース
枠線 枠線 枠線
スペース
中古物件購入者様向け検査サービスのご案内
スペース
スペース
枠線 枠線 枠線
スペース
スペース
中古住宅の購入を検討されている方向けの検査サービスです。
検討している建物を調査し、これまでの維持管理状態を確認した上で、必要なメンテナンス提案を行います。その他フラット35適合証明や耐震基準適合証明の発行業務も行います。
スペース
ハウスドクター石井
スペース
スペース
枠線 枠線 枠線
スペース
スペース
住まいの健康診断(戸建) スペース フラット35適合検査&適合証明書発行 スペース 耐震診断&耐震基準適合証明発行 スペース 住まいの健康診断(アパート) スペース ポラスの耐震診断 スペース ポラスの住宅検査サービス スペース お問い合せお申し込み
スペース
スペース
枠線 枠線 枠線
スペース
スペース
スペース
枠線 枠線 枠線
スペース
スペース
フラット35適合検査、適合証明書発行
スペース
スペース
枠線 枠線 枠線
スペース 長期固定金利住宅ローン「フラット 35」。
スペース
住まいの健康診断診断風景
スペース
現地で確認する項目のひとつに建物の劣化状況があります。例として以下のような項目があります。
スペース
枠線 枠線 枠線
スペース
スペース
劣化状況現地確認項目
スペース
枠線 枠線 枠線
スペース
スペース
  1. 基礎
スペース
  2. 外壁
スペース
  3. バルコニーの防水性
スペース
  4. 屋内の壁、天井、床
スペース
  5. 土台や床組
スペース
  6. 小屋組
スペース
  7. 給水設備
スペース
  8. 排水設備
スペース
  9. 木材の腐りや白蟻の被害
スペース
検査は豊富な知識と既存住宅の劣化状況の検査経験が豊富な【適合証明技術者】が行います。
スペース
枠線 枠線 枠線
スペース
スペース
フラット35適合検査、適合証明書発行費用:
¥40,000
(+消費税)
スペース
※旧耐震基準の建物の場合は、
戸建住宅は¥20,000
(+消費税)
マンションは¥85,000
(+消費税)
追加費用を適用させて頂きます。
スペース
スペース
枠線 枠線 枠線
スペース
フラット35は民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して住宅を購入する方に提供している長期固定金利住宅ローンです。
スペース
フラット35は「金利変動がない安心な融資」で大切なマイホームの取得とその後のライフプランをサポートします。
スペース
中古住宅を購入する際にフラット35を利用するには、建物の条件をクリアしたものでなければなりません。
スペース
■中古住宅の技術基準(基準項目と概要)
スペース
枠線 枠線 枠線
スペース
スペース
スペース
一戸建て等(※1)
スペース
マンション(※2)
スペース
枠線 枠線 枠線 枠線 枠線
スペース
接 道
スペース
原則として一般の道に2m以上の接道
スペース
枠線 枠線 枠線 枠線 枠線
スペース
住宅の規模(※3)
スペース
70m²以上(共同住宅は30m²以上)
スペース
30m²以上
スペース
枠線 枠線 枠線 枠線
スペース
住宅の規格
スペース
原則として2以上の居住室(家具等で仕切れる場合でも可)、炊事室、便所、浴室の設置
スペース
枠線 枠線 枠線 枠線 枠線
スペース
併用住宅の床面積
スペース
併用住宅の住宅部分の床面積は全体の2分の1以上
スペース
枠線 枠線 枠線 枠線
スペース
戸建型式等
スペース
木造の住宅(※4)は一戸建て又は連続建てに限る
スペース
枠線 枠線 枠線 枠線 枠線
スペース
住宅の構造
スペース
耐火構造、準耐火構造(※5)または耐久性基準に適合
スペース
枠線 枠線 枠線 枠線 枠線
スペース
住宅の耐震性
スペース
建築確認日が昭和56年6月1日以後(※6)であること(建築確認日が昭和56年5月31日以前の場合(※7)は、 耐震評価基準(※8)などに適合)
スペース
枠線 枠線 枠線 枠線 枠線 枠線 枠線
スペース
劣化状況
スペース
土台、床組等に腐朽や蟻害がないこと等
スペース
外壁、柱等に鉄筋の露出がないこと等
スペース
枠線 枠線 枠線 枠線 枠線 枠線
スペース
維持管理基準
スペース
管理規約
スペース
スペース
管理規約に所定の事項が定められていること
スペース
枠線 枠線 枠線 枠線 枠線 枠線
長期修繕計画
スペース
スペース
計画期間20年以上(作成時期が平成6年度以前の場合は15年以上)
スペース
枠線 枠線 枠線 枠線 枠線 枠線 枠線 枠線 枠線
スペース
※1.一戸建て等には、連続建て、重ね建て及び地上2階以下の共同住宅を含みます。
※2.マンションとは、地上3階以上の共同住宅をいいます。
※3.住宅の規模とは、住宅部分の床面積をいい、車庫やバルコニー等は含みません。
※4.木造の住宅とは、耐火構造の住宅及び準耐火構造(※5)の住宅以外の住宅をいいます。
※5.準耐火構造には、省令準耐火構造を含みます。
※6.建築確認日が確認できない場合は、新築年月日(表示登記における新築時期)が昭和58年4月1日以後とします。
※7.建築確認日が確認できない場合は、新築年月日(表示登記における新築時期)が昭和58年3月31日以前の場合とします。
※8.耐震評価基準の概要は以下のとおりです。
スペース
■耐震の概要
スペース
 共同住宅以外(一戸建て・連続建て・重ね建ての住宅)の場合(在来木造工法の場合)
スペース
スペース (1) 基礎は一体のコンクリート造の布基礎等であること。
(2)以下の項目の評点を相乗した値(ア×イ×ウ×エ)が1以上であること
スペース
スペース ア.建物の形(整形、不整形の評価)
イ.壁の配置(壁のバランスの評価)
ウ.筋かい等の有無(壁の強度の評価)
エ.壁の割合(必要壁量に対する充足率の評価)
 共同住宅の場合
スペース
スペース (1)構造形式がラーメン構造と壁式構造の混用となっていないこと。
(2)平面形状が著しく不整形でないこと。
(3)セットバックが大きくないこと。
(4)ピロティ部分が偏在していないこと。
スペース
スペース
スペース
スペース
枠線 枠線 枠線
スペース
新築住宅建築主様
向け検査サービス
|
ポラスの新築物件の
検査サービス
|
戸建住宅居住者様
向け検査サービス
|
戸建住宅の耐震性を確かめ
たい方向け検査サービス
|
集合住宅オーナー様
向け検査サービス
|
ポラスの住宅
検査サービス
スペース
スペース
スペース  TOPへ戻る▲  スペース