ポラスグループ

GOOD DESIGN AWARD 2017

GOOD DESIGN AWARD2017年度受賞『nestle house』-寄り添える住まい-

デザイン:ポウハウス

別居とも、同居とも違う、[添居]という新しい住まい方の提案

「nestle house」は、地域を活かす、継承される家族をテーマに計画された住まいです。すでにある資産や資源を活かしそれを継承していくことで、祖父母世代から孫世代までが柔らかに空間や時間を共有し、寄り添う住まいを提案しました。世代間を繋ぎ、同居と別居の境界にあるような心地よい距離感で建つ住まいは、地域にとっても大きな価値のある要素となります。
地域に根ざして住まう人が必要な時代でありながら、時代の変化による時間軸は世代間で溝となることもあり、核家族という選択肢を選ぶ家族も多いと感じます。同居でも別居でもなく多様なライフスタイルを持つ現代において、新たな選択肢の一つとして『添居』を提案します。

特徴

主屋のスペースの一部に計画された住まいは「最小限のスペースに現代の住宅に必要なスペック」を有していることを前提に、それぞれの生活を成立させながら互いの住まいからの接点を計画地の中心としました。二世帯住宅でも別居でもないスタイルが、それぞれの関係性を持続させる事へと繋がると考えました。
世代を超えた継承や交流によって様々なコミュニケーションを発生させるとともに、接点を程よく生活に組み込み繋がりを持たせることを意識しています。継承され途切れない環境を創出、使われ続けていく中で、新たな住まいも元々存在していた母屋もどちらも有効となり、未来まで使われていくことが可能となるように。そして、その住まいが地域の持続進化の一部となることがあるとも考えます。

元あるものを邪魔せず補う配置
元あるものを邪魔せず補う配置
リビング
リビング
庭の共有
庭の共有
控えめなボリューム
控えめなボリューム

Time diagram 継承の概念図

デザイナーの想い

デザイナー 大湖 正之

デザイナー 大湖 正之

ZEHなどの環境住宅、意匠性の強い建物などいろいろな住宅の形態が求められている現代において、住む人が「感じる」ことが疎かになっているように思える。情報や便利さが溢れている時代に個人のものとして、デザインとして今後の住宅に必要なのは何かを生み出すプロトタイプとして、継承の要素を積極的に創り出し、その土地に住み続けることの大切さ、豊かさを生み出すことを意識しました。

ポウハウスブランドページはこちら

審査員の評価

既存の母屋に対して、新たに増築された住まいの配置計画が特に優れている。この住まいが建つことにより、敷地内に2つの庭(道路に開かれた駐車スペースとリビングに面した庭)を獲得することができる。2つの家は開口部が正対すること無く2つの庭を共有することができ、程よい距離感の住まいが実現できてい る。 ライフスタイルの変化に応じて、母屋と離れを柔軟に使いながら住み継いでいく、という提案であることも評価したい。

閉じる

ページ最上部へ戻る