ガス臭い時は?

  1. 1室内の火を消して下さい。
  2. 2ガス機器の使用を中止し、ガス栓やメーターガス栓を閉めて下さい。
  3. 3扉や窓を十分に開けて換気をして下さい。
  4. 4電気のスイッチやコンセント(注1)に触れたり、換気扇(注2)を回したりしないで下さい。
    • 注1)スイッチ類は火花が出るので、ガスに着火する恐れがあります。
    • 注2)換気扇は絶対回さないでください。回っている換気扇はそのままにして下さい。
  5. 5上記の内容を実施して頂いた後に弊社に連絡し、点検を受けるまでガスを使用しないで下さい。
    24時間体制で受付しております。
    連絡先はコチラ
ガスやストーブの火を消す! 電気のスイッチやコンセントに触れない!

ガスが出ない時は?

全てのガス機器が使えませんか?

NOガス機器の電源や電池・ガス栓等を確認してください。故障の場合はポラスに連絡
連絡先はコチラ
YESガスメーターを確認してください。メーター正面のセキュリティ表示に「ガス止」表示されていますか?
YES復帰操作
NOポラスに連絡
連絡先はコチラ
YES復帰ボタンを押す
2分程度ガスを使わずにお待ちください
復帰
そのままご利用ください
復帰しない時は
ポラスに連絡
連絡先はコチラ

ガスメーターの復帰手順

  1. 1 器具栓を閉じるか、運転スイッチを切り、すべてのガス機器を止める。
  2. 2 メーター前面左側の遮断弁開スイッチ(黒い部分)を押して「ガス止」表示が消えたこと(または赤いランプが1秒点灯したこと)を確認して、すぐ手を離して下さい。
  3. 3 マイコンがガス漏れの有無を検査します。2分程度お待ち下さい。その間はガスの使用はしないで下さい。
  4. 4 赤いランプとアルファベットの文字が消えたら、器具のガス栓を開いてガスをご使用下さい。

災害が起きたら?

  • 火災の時は
    容器バルブを閉め、消防署員などに容器の位置を知らせ、後の処置を頼んで下さい。容器バルブの閉め方は、下記イラストになります。
    ※弊社にもご連絡いただけるようにお願いいたします。連絡先はコチラ
  • 地震の時は
    ガス栓、器具栓を閉め(火をすべて消し)、二次災害防止のため、揺れが大きかったときは、おさまった後で戸外のLPガス容器のバルブを閉めて下さい。
  • 洪水の恐れがある時は
    容器バルブを閉め、容器がしっかり固定されているかを確かめて下さい。
    1. 1.災害後に再びガスを使用するときは必ず販売店の点検を受けて下さい。
    2. 2.異常があった時はすぐに弊社へご連絡下さい。
      連絡先はコチラ

ガス集中監視システム

マイコンメーターと集中監視センターの自動通報装置とを電話回線で結び、マイコンメーターから送られてくる情報を24時間見守り続けるのが、集中監視システムです。

このシステムは、お客様が万一誤ったガスの使い方をしたり、ガス漏れなどの異常が発生すると、マイコンメーターがこれを検知し、電話回線を利用してその異常情報を集中監視センターへ自動的に通報します。通報を受けた集中監視センターでは、その異常情報に応じて、お客様に対して電話による問い合わせを行ったり、あるいは、直ちに専門的な対応が必要な時は保安要員を緊急出動させ、LPガス事故を未然に防ぎます。
このように、集中監視システムは、LPガスによる安心・安全・快適な暮らしの実現に大きな役割を果たしています。

弊社のシステムをご利用する場合は申し込みが必要です。
お申し込みは最寄りの営業所へお電話下さい。
連絡先はコチラ

お問い合わせ先