リフォームもポラスにお任せより快適なお住まいで、笑顔あふれる暮らしを実現!

2部屋を統合し充実収納の寝室を作りました

費用117万円

2階の3つあった部屋の2つを統合して、夫婦二人の寝室を作りました。荷物や衣装が多いと言うお二人のために、収納スペースも充実。合わせて4間程の収納を確保。これからこの空間に合う、素敵なベッドを購入する予定なんですと話してくれました。

活用できていなかった和室を洋間にリニューアル

費用83万円

リビングに隣接していた和室を洋室化し、和室とリビングの間にあった段差を解消。フローリングでつなげることで、LDKは広い空間を楽しめるようになりました。また、8畳+板の間+押入れ2間分と、以前の和室は十分な広さを持っていましたが「畳替えがこまめに必要になるし、小さな子どもがいるわけでもないので和室はあまり活用されていませんでした」と奥様。そこで洋室に変更し、現在の使い方にマッチした空間へリニューアル。新設したクロゼットは以前の押入れに比べて小さくなったものの、パイプハンガーや中段をつけることで収納力に配慮しました。

階段下デッドスペースを1畳の収納空間に

費用61万円

1部屋を増築し洋室と和室の2部屋に割る

費用137万円

目的/動機:娘夫婦との同居をきっかけに住まいの老朽化を解消し、共有し合える二世帯住宅へ
ポイント:家族6人が快適に暮らせる様に空間を拡充

1階の既存和室部分に増築をする事で、1部屋を2空間に割り洋室と和室の部屋に。洋室は奥様の居室で収納部分も新設、和室はご主人様のスペースとしました。引戸の高さも以前より高くすることで、圧迫感を解消。洋室・和室とも薄いブルー系のクロスを採用し、空間ごとにメリハリをつけたのがお施主様のこだわりです。※参考価格は2部屋分のリフォーム費と増築費が含まれます。

デザイン性も考慮した寒さ対策とニオイ対策

費用44万円

暖かさが逃げていくのを防ぐために、既存の窓2箇所にはインナーサッシ(内窓)を設置し、寒さ対策を行いました。またわんちゃんを飼っているので、ニオイ対策及び玄関の演出として機能性タイル(エコカラット)を玄関正面に貼り付けました。

玄関奥側まで明るさが届く様にドアを交換

費用39万円

少し閉鎖感と暗さを感じていた玄関。玄関ドアの交換・収納の交換等を行いました。玄関ドアは両サイドにガラスをはめ込んだタイプを選び、玄関の奥側まで明るさが届く様に配慮しました。

既存2way動線を活かしさらに拡張

費用43万円

キッチンからも廊下からも行き来できる既存の2way動線をそのまま活かして、少しだけスペースを拡張させました。洗濯物を洗濯機から取り出す際に、一時的に干すことが出来る室内物干しも取り付けています。

棚と物干しポールがポイント

費用27万円

購入した物件は、水まわり空間の劣化が目立ちました。室内同様、設備を刷新し暖かみのある色合いで揃えました。壁の厚みを上手に利用して棚を追加し、洗濯物を干せるポールハンガーを設置したのがポイントです。

もとから広さは充分、内装の汚れだけ改善したい

費用26万円

2階のトイレはもともとゆったりとした広さとトイレ便器と手洗い用の独立洗面台が
一緒になった空間でした。便器は新規で取り付け、長年の汚れがついた内装関係を刷新。
白を基調にスッキリとしましたね。※既存の洗面台は内装リフォーム後に再利用しています。

動線を邪魔しないように「折れ戸」を採用

費用27万円

寒さ対策として、インナーサッシ(内窓)と取り付け、入り口ドアの段差を解消。一番のポイントは扉を開いたに扉板自体が廊下の動線を邪魔しないように「折れ戸」を採用した事です。これにより、廊下を歩く人とトイレから出入りする人がぶつからない様に配慮しました。

娘様ご希望のスピーカー付き浴室

費用114万円

バスルームを1.25坪のユニットバスが入る広さに増築。娘様のご希望でスピーカー付きのものを導入しています。ゆったりと寛げるスペースと設備で、以前にも増して一日の疲れを癒してくれる空間となりました。

水廻りはグルーン×イエローで

費用99万円

水廻り関係は、明るい雰囲気を出すためにグリーンとイエローをメインカラーとしてコーディネート。

毎日の動線と生活スタイルに配慮した配置

費用129万円

既存の洗面・浴室部分をキッチン空間に変更。ダイニングとつなげた使いやすい間取りにして、自宅一部の店舗側に近い位置に配置を変えました。これにより、以前は日中に既存のダイニングキッチンにいると店舗部分までの動線が長く、「行き来が大変だった」という奥様の不満を解消。奥様の使用頻度の高い空間からも身動きが取りやすい間取りを意識して空間を構成しました。

奥様のご要望を叶えたキッチン

費用143万円

キッチンのポイントは、開放感を重視してダイニング側の吊り戸棚を撤去した事。さらにキッチンとおそろいのカップボードを設置するなど、キッチン設備の仕様ひとつひとつに奥様の要望を反映させています。