« ペットに最適!フロアーコーティング! | メイン | 続:インテリアコーディネート »

たらいうどん

私は好きな食べ物がたくさんありますが、今日はその中のひとつをご紹介しようと思います。

それは 「たらいうどん」 です。

しょっちゅう食べているというわけではないのですが、うどん好きな私の中でも特にお気に入りのメニューです。

皆さんご存知ですか?

チェーン店のうどん屋さんや、和食のファミリーレストランでも出しているところがあるので、ご存知の方もいらっしゃいますよね。

そんなわけで今はちょくちょく見かけるたらいうどんですが、私がそれを知ったのはポラスに入社したからでした。

 

↓たらいうどんは、文字通りこんな感じです。

%E3%81%9F%E3%82%89%E3%81%84%E3%81%86%E3%81%A9%E3%82%93.jpeg

ご覧の通り、うどんをゆでたゆで汁ごとたらいに入っています。

たぶん「釜揚げうどん」の方がご存知の方が多いですよね。ゆでたあと、水で締めていないので熱々、という点では一緒ですね。

本来は、というか、たらいうどんとしての特徴としては、数人で食べる分が一つのたらいに入っているところだと思います。鍋料理ほどではないですが、みんなで楽しく食べるところも楽しみです。

釜揚げうどんは、讃岐うどん系のお店の定番メニューですが、たらいうどんはお隣の徳島県が発祥の地です。先ほどの「ポラスに入社したから知った」というのは、それが関係しています。

ポラスの社員は、本社所在地の埼玉県越谷市で、毎年行われる「南越谷阿波踊り」に全面協力しています。その関係で、社員が阿波踊りの本場徳島県に行くことがあります。私も入社3年目の時に初めて徳島県に行きました。そこでたらいうどんを知ったのです。

その時、わたしがたらいうどん初体験と知った地元の方が食べ方を教えてくれました。たらいうどんはお湯の中に入っているので、そのままつけ汁に入れようとするとお湯が飛び散るし、つけ汁も薄まってしまうし、ということで、このようにするのだそうです。

まずつけ汁のおちょこをたらいのすぐ横につけます。そして、うどんを箸でつかんだら、たらいの縁に乗せて滑らせながら徐々につけ汁に入れていくのですが、この時、たらいの縁でお湯を切って、たらいの中にお湯が落ちるようにするのだそうです。

もしかすると、教えてくれた人の独自のやり方なのかもしれませんが、私はそれ以来このやり方でおいしく食べています。でも麺の最後のところは注意しないと、やっぱりチュルッ!とお湯が飛び散ってしまいます 照れる

さてさて、ポラスには「味亭(あじわいてい)」といううどん屋さんがあるのをご存知ですか?

埼玉県春日部市にあるので、地元の方以外はご存知ないかもしれませんが、ここでこのたらいうどんが食べられるのです。国道4号線沿いのお店なのですが、広~い敷地と重厚な建物のおかげで、店内は静かで落ち着ける空間となっているんですよ。もちろんうどん以外にもメニューはもりだくさんです。純和風の庭園や、池の鯉を見ながら、ゆっくりと食事をされてみませんか?

お店は、大きな提灯が目印です。

%E5%91%B3%E4%BA%AD%E6%8F%90%E7%81%AF.jpeg

ぜひ一度、お気軽にお立ち寄りください。味亭のホームページは→コチラです。

 

担当:ままま-「いつかの回で“味亭突撃リポート”を載せますね。」

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.polus.co.jp/mtadm/mt-tb.cgi/2580

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2015年01月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント