« 我が家の建物診断で・・・。 | メイン | 冬のイベント »

越谷市民文化祭

 

変化球気味ではありますが、祭りシリーズ第4弾!

今回は、埼玉県越谷市の越谷市民文化祭です。

%EF%BD%BA%EF%BE%90%EF%BD%BE%EF%BE%9D%E5%85%A5%E5%8F%A3.jpg

去る11月21日(日)、今年で第42回となる越谷市民文化祭に行ってきました。

市民文化祭とは、文化都市宣言をしている越谷市が、「文化を親しむ市民の成果発表の場として、また市民文化の祭典として開催」するものです(「」内、越谷市役所ホームページより)。

「市民まつり」は別日程・別会場で行われましたが、それとは別に、屋内で落ち着いたイメージで開催されるものなのでした。

写真は、会場となっているサンシティ越谷市民ホールの入口です。

この中で、市民がそれぞれの文化的な活動(別の言い方をすると「趣味」)を発表しているのです。

ホールやホワイエでは、書、写真、絵画、生け花、盆栽などが期間中常設展示され、大きな舞台ではダンス、合唱、太鼓、演劇などが“発表”されていました。私が行った夕方の時間では、「カラオケ」が一番盛況で、思い思いの衣装に身を包んだ紳士淑女が、日頃鍛えたのどをふるわせ、見事な歌声を披露していました。

力作、熱唱、と見どころ満載なので、ぜひ写真入りでご紹介したいところですが、出展・出演者が全て一般の方のため、写真掲載のお許しをいただく手立てがなく…。あたりさわりのない写真でご勘弁ください 悲しい  

  %EF%BE%8C%EF%BE%9F%EF%BE%9B%EF%BD%B8%EF%BE%9E%EF%BE%97%EF%BE%91.jpg

↑この中の「阿波踊り」に、ポラスもスタッフとして、また出演者の派遣という形で協力させていただきました。

そんなわけで舞台裏も見ることができたのですが、市役所の方、実行委員の方、舞台監督さん、照明さん、大小道具類の方々と、出演しているのは全て一般市民の「素人」なのに、ずいぶん大がかりで手間のかかっている行事なんだなぁと感心しました。

それらスタッフの方々のご尽力のおかげで、小中学生からご年配の方々まで、少しの緊張と、少しの晴れがましさの中、楽しそうに参加されていました。まさに越谷市のキャッチフレーズのひとつ「いきいき」が具現化された催しで、市民生活に潤いを与える大切な行事だよなぁと思った次第です 笑顔

開催は本日の午後6時までなので、これから行ける方は少ないと思いますが、入場は無料ですので、お時間のある方は足を運ばれてみてはいかがでしょうか。また、もちろん参加も無料ですから、越谷市民の方は、来年の市民文化祭にエントリーされてみては?

 

さて、サンシティ越谷市民ホールの近くには、おなじみポウハウスの展示場があります。お越しの際には、こちらにもぜひお立ち寄りくださいね!

 

担当 : ままま -「先日ムートンが書いていたママさんバレーに事務局として参加してきました。当日の模様は、後日のチビ子のブログをお楽しみに!」

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.polus.co.jp/mtadm/mt-tb.cgi/2315

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2015年01月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント