« ばったの親子? | メイン | 携帯沈没・・・ »

懐かしい光景

このままシリーズ化できるのか?! 担当“ままま”の祭りネタ第二弾であります。

去る10月24日(日)、千葉県船橋市の「高石神社祭礼 本中山六・七丁目秋祭り」に行ってまいりました。

神社のお祭りで、2町会にて開催の、ほのぼのとしたお祭りでありました。

会場は東京メトロ東西線の原木中山駅近くの路上。このエリアは古くから人が住んでいる地域です。このお祭りもずっと行われているのでしょう。立派なお神輿が2基、お出ましになっていました。

%E3%81%8A%E7%A5%9E%E8%BC%BF.jpg

お約束の焼きそば、焼き鳥などのお祭りのレギュラー陣の屋台に加え、新鮮野菜と果物の直売も。

%E5%85%AB%E7%99%BE%E5%B1%8B%E3%81%95%E3%82%93%EF%BC%9F.jpg

この中で目を引いたのは、餅つき道具一式。

残念ながら時間の関係で餅つきをしているところは見られなかったのですが、その時を待ってスタンバイしている道具たちの、なんとノスタルジックなこと。

%E8%87%BC%E3%81%A8%E6%9D%B5.jpg  

一本の木から削り出した立派な臼。 木目ってなぜこんなに美しいのでしょうか。

%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%96.jpg

そして出ました!どうですかこのストーブ クール

薪に、セイロに、微妙な長さの煙突。 これは普段どこにしまってあるのでしょうか。

便利なシステムキッチンに慣れてしまった私達には、準備や火加減、後片付けがやたらに大変そうですが、これで蒸したもち米を、あの杵と臼でぺったんぺったんとつくと、さぞかしおいしいお餅ができそうですよね。

  キス  

 

さて、関東でもすっかりおなじみの阿波踊りは、このお祭りでも踊られていました。

そこにはまたもや我がポラスのPO連(ぽうれん)の勇姿が!

地元の方の「ピーオー連の皆さんです!!」との残念な紹介アナウンスにもめげず、元気良く踊りと鳴物を披露していました。     …良い写真が撮れませんでした。すみません 照れる

 

そんなPO連のみんなが作っている注文住宅ブランドPO HAUS(ポウハウス)の展示場をまた無理やり紹介しつつ、これにて第2回祭りネタを終わるのでした。

 

原木中山からだって電車で1時間! PO HAUS武蔵浦和展示場はコチラ

 

担当 : ままま -「楽しいお祭りをご紹介してくださるコメントをお待ちしています。」

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.polus.co.jp/mtadm/mt-tb.cgi/2190

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2015年01月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント